マダラ/真鱈:特徴や産地と旬

マダラ(真鱈)

■マダラとは

●タラ目タラ科マダラ属

(英) Pacific cod  (仏)Bacaliau ,cabillaud

マダラはタラ科マダラ属の大型魚で、大きいものだと1m以上にもなります。サケと並ぶ北国の魚で、12月から2月にかけて産卵のため沿岸に寄ってきますが、近年、漁獲量が激減し、価格が高騰しています。また、輸入物も多く出回っています。

写真の通り腹が膨らんだ形をしており、かなりの大食漢なところから「たらふく」食べるという言葉ができたそうです。

マダラから採れる白子は「菊子」と呼ばれ、非常にこくがあって美味しく、高級品として扱われています。しかし、スケトウダラの子が美味しい「タラコ」として知られているのに対し、このマダラの卵は「真子」と呼ばれ、それほど美味しくはありません。

スーパーなどでは切り身でおなじみで、あまり特別感が無い魚ではありますが、鮮度や産地などを紹介することで旬の素材としての効果が上がるのではないでしょうか

●主な産地は

北の海で獲れる魚で、青森や北海道が主な産地です。

●マダラの旬は

十分に脂がのっている冬が旬です。鍋料理にもよく用いられます。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
マダラ                        
マダラの目利きと美味しい食べ方

■マダラの目利きと美味しい食べ方

●選ぶポイント

なるべく大きく、体に張りがあるものがいいです。切り身であれば、うっすらと透明感が残っているものが良いです。古くなるほど真っ白くなり、更に古くなると黄色っぽくなってきます。

●焼き物

マダラのポワレ

クセが無く淡白な白身魚なので、鮮度がよければ塩焼きもぷりっと美味しいのですが、どちらかといえば、ポアレやムニエルなどオイルと絡めるような焼き物の方が良いでしょう。

●揚げ物

揚げ物は、身が淡白なだけに油との相性がよく、フライやから揚げも美味しいです

●鍋物

タラと言えば鍋物が定番といったイメージがあります。椀物にも使えますね。

●白子

白子はさっと湯通ししてポン酢でというのが定番ですが、てんぷらや椀物、ロワイヤルなどいろんな料理に使えるます。しらこのまったりとした濃厚な味は冬の楽しみの一つですね。

栄養価と効用

■マダラの栄養価と効用

●生のマダラ 可食部100gあたりの成分

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
77
kcal
80.9
g
17.6
g
0.2
g
0.1
g
1.2
g
0.03
g
0.10
g
58
mg
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
10
μg
1.0
μg
0.8
mg
0.10
mg
0.10
mg
1.4
mg
0.07
mg
1.3
μg
5
μg
0.44
mg
Tr
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
110mg 350mg 32mg 24mg 230mg 0.2mg

七訂日本食品標準成分表より

●マダラの生の白子 100gあたりの成分

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
62
kcal
83.8
g
13.4
g
0.8
g
0.2
g
1.8
g
0.09
g
0.32
g
360
mg
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
8
μg
2.0
μg
1.8
mg
0.24
mg
0.13
mg
1.5
mg
0.01
mg
3.1
μg
11
μg
0.68
mg
2
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
110mg 390mg 6mg 23mg 430mg 0.2mg

七訂日本食品標準成分表より

■マダラの仲間の種類

●ボンタラ(マダラの幼魚)

ボンタラ

30cm前後のもので、ボンタラと呼ばれています。鍋などにも使えますが、干物に加工されることも多いようです。

●スケトウダラ

スケトウダラ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP