コノシロ(子代)/シンコ(新子)/コハダ(小鰭):特徴や産地と旬

コノシロ(子代)/シンコ(新子)/コハダ(小鰭)

●コノシロの生態と特徴

◆ニシン目ニシン科コノシロ属 

(学名)Konosirus punctatus(仏)Threadfin shad

コノシロ(子代)/シンコ(新子)/コハダ(小鰭)

コノシロは東アジアの内湾に広く分布するニシン科コノシロ属の海水魚で、国内では新潟以南の日本海沿岸と、松島湾以南の太平洋沿岸の内湾や河口汽水域に生息し、春から秋にかけて海面近くから中層を群れて泳いでいます。

地方によっては瀬戸内周辺の「ツナシ」、佐賀県の「ハビロ」などとも呼ばれています。

◆「コノシロ」の名前の由来

コノシロはその昔「ツナシ(都奈之)」と呼ばれていました。万葉集の中で大伴家持の歌に

『・・・・・つなし捕とる 氷見ひみの江え過ぎて 多祜たこの島 ・・・』

と出てきます。

現在でも瀬戸内周辺ではツナシとも呼ばれています。

「コノシロ」と呼ばれるようになったのは、戦国時代だといわれています。当時「飯」の事を「コオ」や「コ」と言っていたそうで、沢山穫れたこの魚を「飯の代わりにする魚」という意味で「飯代(こおのしろ/このしろ)」と呼ばれるようになったという説があります。その他にも、焼くと人を焼いたような匂いがすることを利用し、訳あって娘が死んだことにし、身代わりにこの魚を棺桶に詰めて焼いたので、「子の代」と呼ぶようになったという伝説もあります。

◆コノシロは出世魚

コノシロは成長するにつれ呼ばれ方が変わる出世魚でもあります。市場で聞いたところおおむね以下のような感じでした。

シンコ・・・その年に孵化した幼魚5~8cmくらいまでのもの。

コハダ・・・8~10cm位のもの。

ナカズミ・・・11~15cm

コノシロ・・・16cm以上

◆江戸前寿司には欠かせないシンコとコハダ

コノシロは光物の代表として江戸前寿司にはなくてはならない存在です。特に小さなシンコはさばくにも酢締め具合にも熟練した技術が求められる腕の見せ所となっています。

また、旬、季節感を感じさせてくれるネタでもあります。

呼び名が変わるものを出世魚と言いますが、コノシロの場合、成長するにつれて価値が下がってしまいます。これは、江戸前鮨のネタとして小さいほうが好まれ、成長し小骨が気になるコノシロは一般受けしないためです。

◆コノシロの特徴

コノシロ(子代)/シンコ(新子)/コハダ(小鰭)

コノシロは寿命は3年程とされ、成長すると3年で20~25cmになり、体形は側扁し縦に薄い木の葉のようなかたちをしています。

背ビレの後端は糸のように長くなっているのも特徴です。

コノシロの腹の様子

また、コノシロの腹は普通の他の魚と違い、鋭角に曲がった鱗が縁取っていて、腹にしっかりと角があります。

背の色は黒っぽく、腹側は銀白色で体側の上半分両側に黒い斑点が点線状にエラブタの後ろから尾にかけて何列も並んでいます。

また、エラブタの後ろに少し大きめに黒斑があります。

◆コノシロの身質と味

コノシロは白身で旨みが多い魚です。ただし、非常に小骨が多いのが欠点です。

●コノシロの主な産地と旬

◆主な産地

主な産地は瀬戸内周辺や伊勢湾、三河湾、駿河湾、有明海などが主な産地となっています。

正確な漁獲量は統計の対象となっていないため不明です。

◆コノシロの漁獲時期と旬

コノシロは成長過程のサイズによって需要が違ってくるので、そのサイズになる時期がそれぞれの種と言えます。

シンコであればその年に生まれて4~6cm程のものが獲れ始める7月頃から8月頃までの夏。コハダはその後の9月頃までとなります。

一方、成長したコノシロはほぼ通年水揚げされていますが、晩秋から冬にかけて脂がのって美味しいといわれています。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
コノシロ                        
シンコ                        
コハダ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP