イトヨリダイ:特徴や産地と旬

イトヨリダイ/糸撚鯛(または糸縒鯛)

●イトヨリダイとは

◆スズキ目イトヨリダイ科イトヨリダイ属(英)Golden thread (仏)

イトヨリダイは本州中部以南から、東シナ海や台湾にかけての水深40~200mまでの砂泥底に分布しているイトヨリダイ科イトヨリダイ属の魚で、体長は40~50cm程になります。漢字では糸撚鯛(または糸縒鯛)と書きます。尾鰭から伸びる黄色く長い糸状の部分が泳ぐと糸を撚っているように見えるからでしょう。このほか、地方によって「イトヒキ」、「ヒナイオ」などという呼び名もあります。名前に「鯛」とつきますが分類的には鯛の仲間ではなく、あやかり「鯛」の一種です。

イトヨリダイ/糸撚鯛(または糸縒鯛)の黄色い縦線

市場では真鯛などと並び高級魚として扱われ、延縄や釣りもので大きいものほど値が張り、底引き網のものはその半値位になります。

もともと取れる地域が西寄りだからかもしれませんが、関東より関西で人気があり珍重されてきたようです。ただ、身が柔らかく味が繊細で、一般的な家庭料理には向いていないことからか産地での人気は今一つです。

◆イトヨリダイの特徴

イトヨリダイ/糸撚鯛(または糸縒鯛)の頭部と赤い斑点

体長が20~40cm程のものが多く、全体に薄い桜色の地に6~8条の黄色い縦線が尾鰭の付け根まで入っています。

頭の付け根後からついている黄色い側線の始まるあたりに赤いマジックでチェックを付けたような斑紋があります。

また大きな特徴の一つとして、尾鰭の先から長い糸状に伸びるヒレも挙げられます。

◆イトヨリダイの食味

やや水分が多く柔らかい身質ですが焼き縮みしにくく、味的にはクセや臭みがなく、とても上品で美味しい。

●イトヨリダイの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

市場に並ぶイトヨリダイ/糸撚鯛(または糸縒鯛)

長崎県や熊本県、山口県などで多く水揚げされています。

◆イトヨリダイの漁獲時期と旬

市場には通年出廻りますが、築地での取引量が多い時期は9月から12月にかけてとなっています。

産卵期は春から夏とされていることもあり、美味しい旬の時期は晩秋から春先までではないでしょうか。

地域 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
イトヨリダイ