旬の食材百科トップ / 野菜 / キノコ / 果物 / 魚貝 / ハーブ / 栄養 / 旬の魚のお取り寄せ

 

月ごとの魚貝を調べる

旬のカレンダー

野菜、果物、魚介の旬を年間のカレンダーにまとめています 魚貝のカレンダー

 
 
     
 
Facebookと
Twitter

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




 
     

ハモ(鱧/はも):特徴と美味しい旬の時期

 
食べ方と扱い方 栄養と効能 旬のカレンダー   産直お取寄せ

■ハモ(鱧/はも)とは

●分類と特徴

ウナギ目ハモ科ハモ属 (英) Daggertooth pike-conger 

ハモは見た目どおり大きく分けるとうなぎやアナゴと同じ仲間に属し、口が大きく、鋭い歯を持っているのが特徴です。その鋭い歯で魚類、エビ・カニ類、イカ・タコ類など動物性の物を捕食しています。比較的暖海性の魚で、本州紀伊半島以南に多く、日本海側ではほとんど見られない。詳しい生態はまだまだ不明な魚で、夏の産卵期に外洋から瀬戸内海など沿岸に寄って来ると言われています。

主に関西で珍重される魚で、京都や大阪の夏を印象付ける魚ですね。

国産物では西日本各地。中でも和歌山県、徳島県、愛媛県、山口県、長崎県などから出荷されています。韓国、中国からも輸入されており、国産物より手ごろな値段で入っています。

■ハモと祭り

●京都の祇園祭とハモ料理

京都の夏といえば祇園祭が全国的に知られていますが、観光にその時期京都に行かれた方も多いのではないでしょうか?そしてその時期旅館などで出されるのがこのハモ料理。京都の中央卸売市場では一年でこの祇園祭のある7月16日、17日が一番高騰する時期です。2009年では、大きいものでキロ当たり4000円以上もの値が付いていました。

京都の文化とまで言われるようになった理由は、かつてその昔鮮魚を京都まで運ぶ技術が無かった頃、生きたまま京都まで運ぶことが出来た数少ない魚だったからだそうです。その為、他の地方ではそこまでして食べようともされなかったハモを、京都の料理人たちがどうすれば美味しく食べられるようになるのか研究し、今の技術が編み出されたそうです。

●大阪の天神祭とハモ料理

7月24日、25日に行われる天神祭のいおいてもハモ料理が欠かせないと言われています。ハモは「梅雨の水を飲んで旨くなる」と言われ、この時期が最も美味しい魚として「祭り魚」として家庭でも食べます。

■ハモ(鱧/はも)の産卵期と美味しい旬の時期

●ハモの産卵期

ハモの産卵期は初夏から夏で、数回に分けて浮遊性卵を産みます。

●ハモの美味しい旬

産卵を控えた暖かくなってからの6月から7月あたりまでが最も美味しい旬。8月には産卵が始まってしまいます。漁の最盛期はそれより少しずれ、9月頃にピークを迎えるので、8月から9月にかけては価格が一気に下がり手頃となりますが、産卵後の物は子も持っていないうえに身が痩せています。

また、晩秋あたりに獲れる物は、産卵後に旺盛な食欲を満たし身が肥え、脂が乗ったものとなり、体表が金色を帯びてきます。「金ハモ」や「落ちハモ」と呼ばれ、こちらも別の旬となります。

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
ハモ(鱧)                        

ハモの料理と栄養成分はこちら →

 

ページトップに戻る

 
 

 

  ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 旬の食材と栄養 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / キノコ / ハーブ / ブログ
旬の魚のお取り寄せ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク ; 
飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2011 All Rights Reserved by Foodslink.jp