トゲクロザコエビ(ガスエビ、ドロエビ)の特徴と旬

ガスエビ クリックで拡大

■トゲクロザコエビとは

●十脚目抱卵亜目エビジャコ科 

トゲクロザコエビはエビジャコ科のエビで、富山湾や若狭など北陸では「ガスエビ」や「ドロエビ」と呼ばれています。日本海沿岸の水深200m位を境に、それより深い泥質の海底に生息しています。底引き網などで他のエビなどと一緒に獲れるようです。

日本海沿岸の山陰や北陸、東北などの沿岸部では馴染み深い海老のようですが、量も少ない上に傷みやすい、更に見た目が美味しそうではないせいか、それ以外の地域ではほとんど見かける事はありません。

これとよく似たものに「クロザコエビ」という種類がいます。トゲクロザコエビより少し白っぽい位で、ほとんど同じ姿をしており、一緒に混ざって売られている事もあります。

●主な産地

近江町市場にて

福岡では見かけたことが無かったので、恐らく島根から山陰、若狭などの北陸、新潟、秋田あたりが主な産地だと思えます。山陰では「もさえび」、金沢では「がすえび」、丹後では「土えび」「泥えび」、新潟でも「泥えび」と呼ばれています。

旅行などで見かけたら、是非一度味わってみてほしい食材の一つです。

■トゲクロザコエビの旬は

●漁期

春から初夏、3月あたりから6月初旬位まで底引き網漁で採れた物が並び、夏の間禁漁となって、9月からまた底引き網漁が解禁されます。

●トゲクロザコエビの食べ頃の旬

食べ頃の旬と言えるのは春に底引き網で大量に獲れ、価格もグンと安くなる3月から5月中旬くらいまでだと言えます。

旬のカレンダー
地域 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
トゲクロザコエビ                      
クロザコエビ                      

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP