チカメキントキダイ(近目金時鯛)の特徴と旬の時期や目利きと調理のポイント

チカメキントキダイ

■チカメキントキダイ(近目金時鯛)とは

●分類と特徴

キントキダイ科チカメキントキダイ属

キントキダイの仲間で、キントキダイよりも鮮やかな赤い色をしている。千葉以南の比較的暖かい地方の沿岸各地に生息し、全身は小さく硬い鱗に覆われ腹ヒレが黒くて長く鋭いのが特徴。日本海側よりも太平洋側でよく見かけます。

■チカメキントキダイ(近目金時鯛)の美味しい旬の時期

●美味しい旬

チカメキントキダイは冬が美味しい旬の時期にあたります。それ以外の時期はまずいわけではありませんが、やや淡白な旨みに欠ける白身魚といった印象です。

地域 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
チカメキントキ                        

■チカメキントキダイの目利きと調理のポイント

●選ぶポイント

目に透明感があり澄んでいるもの、エラの中が鮮紅色の物が新鮮です。この魚は大きい方が旨みが多く感じるので、出来れば大きい物を選びましょう。

●細かい鱗は硬く、ひかずに皮ごと引いてしまうほうが良い

刺身にする場合は、鱗がついたまま皮を引いて、その皮は脂でカラッと揚げると鱗ごとサクサクと食べられます。

●刺身

美しい白身の魚で、旬の物は歯ごたえと共に甘味も感じられます。小さい物は身が薄いので刺身には向いていないと思います。

●煮付け

小ぶりのものは長い鰭は鋏で切り落とし、丸ごと煮つけにすると身離れもよく美味しい。

五訂日本食品標準成分表に掲載されていません

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP