エンコウガニ 猿猴蟹 えんこうがに:生態や特徴と産地や旬

エンコウガニ 猿猴蟹 えんこうがに

●エンコウガニの生態や特徴

◆エンコウガニとは

分類:ホンエビ上目 > 十脚目 > 抱卵亜目 > 短尾下目 > Goneplacoidea > エンコウガニ科 > メダカガニ亜科 > エンコウガニ属(日本海洋データセンターより)

学名:Carcinoplax longimana(De Haan, 1835)

和名:えんこうがに/猿猴蟹

 丸みのある甲羅とアンバランスなほど長い鋏脚で、初めて見る人も多いのではないだろうか。エンコウガニ科を代表する本種は底引き網などでそこそこ獲れるようだがほとんど食用として扱われず、その場で海に捨てられたりタコ漁の餌に使われるそうだ。売っていたとしても値はとても安い。

 とはいえ、そこそこの大きさがあるカニで立派な爪も持っており食べることができる。当サイトでもいくつかの調理法で食べてみたので、後程紹介する。

 写真は和歌山県雑賀崎港に水揚げされた底引き網で獲れたもの。

◆エンコウガニの生態

エンコウガニ 猿猴蟹 えんこうがに

 エンコウガニは北海道南部辺りから日本海沿岸及び太平洋沿岸の日本各地に分布する。また、海外では東シナ海から南シナ海、更にインド沿岸から南アフリカまで生息しているらしい。

 主に内湾の水深30~100mの細砂泥底にすむ。

◆エンコウガニの特徴

エンコウガニ 猿猴蟹 えんこうがに

 エンコウガニは甲幅6cm程で、写真のものはいずれも雄だが、大きい方は殻幅が8cm近くもあった。甲羅の形は若いうちは前方両角に二対の棘状突起が見られるが、成長と共に目立たなくなり、大きくなると全体に丸みを帯びた四角になる。表面は凹凸がほとんどなくのっぺりとしている。

 鋏脚は若い間は雄と雌の区別が付かないくらい同じくらいの大きさだが、雄は成長すると急激に長く伸び、写真のもので25cmを超える。

●エンコウガニの主な産地と旬

◆主な産地と漁獲量

エンコウガニ 猿猴蟹 えんこうがに

 エンコウガニは主に底引き網や底刺し網で他の魚貝に混じって獲れるが、食用としては価値がほとんどなく、その場で海に戻されたりすることも多く、水揚げ量は少ない。

 本州から九州に至る沿岸各地で獲れるようだ。写真のものは和歌山県雑賀崎港に水揚げされたもの。

◆エンコウガニの漁獲時期と旬

 旬は不明。

●エンコウガニの目利きと調理のポイント

エンコウガニ 猿猴蟹 えんこうがに

  

◆基本的に生きていること

 今回そこそこまとまった数を仕入れてみたところ、生きているものは身が詰まっていたが、その時点で死んでいたものは身がスカスカで食べられる代物ではなかった。

◆持った時に重く感じるもの

 エンコウガニは大きさの割に軽く感じるものが多い。持った時に少しでも重みが感じられるものの方が身が詰まっている。

◆身を食べるならハサミが長く大きいもの

 エンコウガニは方の部分には身が少なく、身を食べるなら大きなハサミの部分がメインとなるので、少しでも大きい方がいい。

◆調理のポイント

 生きている間に茹でるか蒸してしまうこと。

 肩の部分は小さく、身をほじるのが面倒で、食べるなら大きな鋏脚だが、この甲羅がとても厚くて硬い。

 カニ味噌は少ないが濃厚で美味しい。

●エンコウガニの美味しい食べ方と料理

◆エンコウガニの酒蒸し

 エンコウガニを酒蒸しにしたもの。買ったときに既に死んでいた物は身が痩せて美味しくなかったが、生きていたものはそれなりにカニの味が楽しめた。

 ただ、生きていたもは鋏脚の身は甲羅にしっかりと張り付くように付いていて綺麗な身の形で取り出す事は出来なかった。

エンコウガニの酒蒸し 猿猴蟹 えんこうがに

◆エンコウガニとシマウズラガイのガーリックソース・スパゲッティ

 貝をニンニクとオリーブ油で炒め、ゆでたオランダ豆を加え、酒蒸ししたエンコウガニの鋏脚と、その煮汁を少し加え、ゆであがったスパゲッティを加えてなじませるように混ぜ合わせ皿に盛る。その上にほぐしたエンコウガニの身をトッピングした。

 1匹100円もしないカニということを考えれば十分美味しく楽しめた。

エンコウガニとシマウズラガイのガーリックソース・スパゲッティ 猿猴蟹 えんこうがに

◆エンコウガニとマイナー魚介類のブイヤベース

 ミシマオコゼ、スジウズラガイ、それにエンコウガニ、いずれも港で二束三文の魚貝だ。これらを美味しく食べるためにアサリを加えブイヤベースに仕立ててみた。実際にはエンコウガニはいくつか丸ごと鍋に入れていたのだが写真に撮るのを忘れていた。

 出来上がってみるとそれぞれからとてもいい出汁が出ていて抜群だった。それぞれの身もそうだが、スープがとにかく旨い。ただ、鋏脚の甲羅が硬くて割るのに苦労する。

エンコウガニとマイナー魚介類のブイヤベース 猿猴蟹 えんこうがに

◆エンコウガニのみそ汁

 小ぶりのエンコウガニはみそ汁にしてみた。あらかじめ酒蒸ししておいたものを使ったせいか、カニの風味がほんのりとかおる感じだった。

 小さかったので、鋏脚は割らずカニ味噌を溶くようにしてみそ汁を楽しんだ。

エンコウガニのみそ汁 猿猴蟹 えんこうがに

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP