ナカムラサキ(紫芋) サツマイモ

ナカムラサキ(紫芋) サツマイモ


●なかむらさき/ナカムラサキとは

◆比較的古くからある紫芋

なかむらさき/ナカムラサキ(紫芋)<サツマイモ

 ナカムラサキは農林省関東東山農事試験場鴻巣試験地において「二宮」と「太白」を交配し生まれた実生を、1945(昭和20)年に農林省農事試験場九州支場で育成され、1949(昭和24)年に「ナカムラサキ」と命名された品種です。

 鹿児島県ではナカムラサキと命名された昭和20年代半ば頃から昭和40年代頃まで比較的盛んに作られていたようですが、高系14号が導入され普及するにつれ栽培面積が減っていったようです。

なかむらさき/ナカムラサキ(紫芋)<サツマイモ

 沖縄でも1961(昭和36)年には奨励品種とされましたが、現在ではあまり見かけなくなっています。

 現在でも主な産地は鹿児島県と沖縄県ですが、生産量は極僅かとなっています。

 写真の物は鹿児島県産です。

◆なかむらさき/ナカムラサキの特徴

 ナカムラサキの大きさや形は一般的なサツマイモとあまり変わりません。表皮の色も紫色で、ベニアズマなどと見分けが難しいくらいです。

 ただ、切ってみると断面は紫色で、中心部近くがやや薄い紫色となっています。

なかむらさき/ナカムラサキ(紫芋)<サツマイモ

◆なかむらさきの焼き芋

なかむらさきの焼き芋

 ナカムラサキを180度で1時間オーブンで焼き上げた焼き芋にしてみました。あまりネットリした感じではなく、それでいてホクホク系でもない、中間くらいの舌触りです。

 甘さは強くなく、比較的あっさりした感じで、紫芋特有のクセが少し感じられます。

なかむらさき/ナカムラサキ(紫芋)<サツマイモ