3月の野菜4月の野菜5月の野菜6月の野菜

グリーンピース/実えんどう/エンドウ豆

実えんどうとグリーンピース

■エンドウ豆とは

●マメ科エンドウ属

蔓に実を付けるエンドウ

エンドウ豆には、豆を食べる“実えんどう”と豆が大きくなる前に若取りし、さやごと食べる絹さやなどの“さやえんどう”とがあります。どちらも、エンドウ豆ですが、完全に熟して豆として収穫するのか、まだ若いさやの状態だが、中の豆がある程度膨らんでから、そのグリーンの柔らかい豆の状態で収穫するのか、はたまた、完全に若いさやの状態で、さやごと食べられる位に若採りするのかで「エンドウ豆」「グリーンピース」「サヤエンドウ」の違いが出来ます。

えんどう/エンドウ/エンドウ

 ここではグリーンピースなど、実は膨らんでいるがまだ未熟で柔らかい状態で収穫するタイプを紹介します。これらは、実が十分に膨らんで、まだサヤが青いうちに収穫し、その中の実だけを食用にするものです。グリーンピースをはじめ、スーパーでエンドウ豆としてサヤごと売られているものとがあります。

●エンドウ豆の種類

 サヤごと食べる絹さや(キヌサヤエンドウ)オランダさやえんどう(オランダ豆)スナップエンドウ、成熟した実を食べるエンドウウスイエンドウ、グリーンピースなどがあります。

サヤエンドウの特徴や旬の時期と産地などはこちら →

サヤごと食べるサヤエンドウ

若い実だけを食べる実エンドウ

 実エンドウにもいろいろな種苗メーカーから様々な品種が出ています。また、タイプが違うものとして碓井エンドウやツタンカーメンのエンドウ豆を紹介しています。


■エンドウマメの主な産地と美味しい旬の時期

実えんどう/エンドウ豆

●実エンドウの主な産地

実エンドウの主な産地と収穫量

 右のデータは政府がまとめた2016(平成27)年産のグリーンピース(実えんどう)の全国の収穫量です。実エンドウは全国各地で広く作られていますが、最も多く作っているのはダントツで和歌山県となっています。次いで鹿児島県です。鹿児島県産は春先の早い時期に市場に出回り、それに続いて和歌山産が出てきますね。

●エンドウ豆の旬は

ウスイエンドウ

 どの品種も暑さには弱く、旬は春から初夏までです。さやえんどうなどは全国で栽培されハウス栽培などもあり通年手に入りますが、フレッシュのグリーンピースはほとんどが露地物になるため流通も旬の時期に限られています。当然ですが、冷凍、缶詰にはない風味おいしさがあるので、立派な季節メニューに取り入れられます。

 関東以南では冬に種をまき、春に収穫が始まります。冬の寒さが厳しい北海道や東北では主に春先にまき、初夏から夏にかけて収穫されています。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
エンドウ                        
ウスイエンドウ                        
グリーンピース