12月の野菜1月の野菜2月の野菜3月の野菜

カーボロネロ/黒キャベツ/cavolo nero イタリア野菜

カーボロネロ/黒キャベツ

●カーボロネロとは

◆イタリア、トスカーナ地方の不結球キャベツ

(伊)cavolo nero  (英)black cabbage, Tuscan Cabbage (仏)Chou frise

カーボロネロの種

カーボロネロはイタリア、トスカーナ地方が原産と言われている結球しない葉キャベツの一種で、「ケール」と同じ仲間に当たります。いくつかの品種があり、日本では黒キャベツとも呼ばれています。

イタリアでも「カーボロネロ」はこういったキャベツの総称として使われているようです。国内には2社の種が入ってきていて、表示には”Laciniato
nero di Toscana”と書かれています。

一般に知られている黒キャベツは葉の形がスリムなものですが、この仲間で、葉の形が広い「ゴズィラーナ」という品種もあります。

◆カーボロネロの特徴

カーボロネロ/黒キャベツ/cavolo nero<イタリア野菜

株は中心に太目の茎があり、そこから放射状に細長い葉を伸ばします。

葉は中心に太い葉脈があり、細長い形をしており、表面は細かく縮れ、葉の縁が裏側に丸まっています。

カーボロネロ/黒キャベツ/cavolo nero<イタリア野菜

色は黒キャベツとはいっても真っ黒ではなく、濃い緑色です。

やや繊維質が固く感じますが、味は見た目の印象ほどクセはありませんが、味自体は濃く感じます。

煮込んでも煮崩れしにくいですが、色は黒ずんだ感じになり、綺麗な色とはいえません。

●カーボロネロの栽培時期と食べ頃の旬

◆栽培時期

カーボロネロ/黒キャベツ/cavolo nero<イタリア野菜

6月~10月にかけての初夏から秋口の間に種を撒き、11月頃から4月頃までが収穫時期となります。植え付けからおよそ60~70日程で収穫し始められるとなっています。

◆カーボロネロの収穫時期と旬

日本での食べ頃の時期は寒い冬から春先あたりで、その頃が甘味が増して美味しい時期とされています。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カーボロネロ