●タイバジル/ホーラーパーとは

◆  科  属 (英)Thai basil (仏)

タイバジル/ホーラーパー

 

◆の特徴

 

 

●オレガノの栽培方法

◆栽培適地

 

 

◆種まき

 

 

◆間引きと植え替え

タイバジル/ホーラーパー

 

 

◆収穫

 

 

◆ホーリーバジル/ガパオの栽培カレンダー

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
品種 6月 7月 8月 9月
                       

品名:選ぶポイントや保存方法、食べ方や主な料理

タイバジル/ホーラーパー

●タイバジル/ホーラーパーの選び方と保存方法

タイバジル/ホーラーパー

 

 

 

●タイバジル/ホーラーパーの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

 

◆下処理

 

 

◆ を使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトの   を使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ
味の素 レシピ大百科 E・recipes キッコーマン
ホームクッキング

ホーリーバジル/ガパオ/トゥルシー:主な有効成分とその働き

タイバジル/ホーラーパー

ホーリーバジルは古くからインドでは様々の癒し効果があるとしてアーユルヴェーダで薬用として用いられ、「不老不死の薬」とさえ信じられてきたといわれています。

●ホーリーバジル/ガパオに含まれる主な有効成分とその働き

◆オイゲノール

ホーリーバジルには、精油に含まれる芳香成分の一つであるオイゲノールが多く含まれています。

このオイゲノールには免疫力を高める作用や抗菌、抗ウイルス作用、鎮痛作用などたくさんの効果があるとされています。

ります。ストレス社会を生きる私たち現代人にとっては、非常に有り難いリラックス効果が期待できるのです。

◆リラックス効果

ホーリーバジルの芳香成分には様々な不安やトラウマなどによる精神な疲弊感やストレスから精神状態を癒し、鎮める働きがあるとされています。

◆アーユルベーダの治療薬

ホーリーバジルのえエキスはアーユルヴェーダにおいては治療薬として用いられてきました。主な処方には風邪や頭痛、胃痛やもたれ、様々な炎症を抑えるための他にも、中毒やマラリアなどにも用いられているそうです。

◆糖尿病の改善

近年の研究ではホーリーバジルの強い抗酸化効果により血糖値を減少させ糖尿病の治療に役立つ他、コレステロール値の改善効果も発見されています。

栄養成分量に関してはバジルの栄養価と効用を参考してください。

写真で見るタイバジル/ホーラーパーの特徴

タイバジル/ホーラーパー

●タイバジル/ホーラーパーの写真ギャラリー

撮影機材: CANON EOS 5DⅢ , EF24-70mm F4L IS USM , EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。

タイバジル/ホーラーパー 2017.5.24撮影

タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー
タイバジル/ホーラーパー

鉢植えのタイバジル/ホーラーパー 2017.5.18撮影