プランテインのフリットとキャラメリゼ:旬の果物百科

プランテイン/Plantain/調理用バナナを調理してみた

プランテイン/Plantain/クラレ/ツンドク<調理用バナナ

■プランテインのフリット トマトソースで


●下準備

 プランテインは皮をむき、半分の長さに切ったものを縦に半分に割るように切ります。

 トマトソースは市販のものでも、自家製でもOK。今回はストックしておいたものを使用。

●揚げる

 用意したプランテインをそのまま、180度に熱した油に投入し、表面が狐色になるくらいまで揚げます。

プランテイン/Plantain/クラレ/ツンドク<調理用バナナ

 油を切って出来上がり。

プランテイン/Plantain/クラレ/ツンドク<調理用バナナ

 プランテインのフリットをトマトソースで食べてみた。

 トマトソースを皿に敷き、その上にフリットを置いてみた。チャービルなど優しい香りの緑を添えれば見た目が更に良くなる感じ。今手元に無いのが残念。

●食べてみる

 揚げるとプランテインはジャガイモのようにホクッとした食感になり、ほんのり甘く、そしてバナナの香りと共に酸味が口に広がります。これは今まで口にしたことが無い不思議な味わいで、トマトソースとの相性も悪くない感じでした。

■プランテインのキャラメリゼ

●下準備

プランテインは皮をむき、厚さ1~1.5cm位に輪切りにしておきます。

バター、グラニュー糖を用意

●焼いてみた

 ある程度熱したフライパンにバターを入れ、そこに輪切りにしたプランテインを投入、両面をこんがりと焼き上げます。

 そこにグラニュー唐を振りいれ、グラニュー糖を熱で溶かしながらプランテインに絡めます。

プランテイン/Plantain/クラレ/ツンドク<調理用バナナ

 溶けたグラニュー糖がキャラメル状になったら出来上がり。

 これはバナナでも作ることができますが、一般的なバナナの場合ははじめに長く焼かず、キャラメルを作ってからバナナを投入します。プランテインの場合はしっかりと火を通す必要があります。それでも果肉がしっかりとしていて柔らかくならず調理しやすいです。

●食べてみる

 食べてみると、当然バナナほど甘さは無く、それがかえってキャラメルを引き立てる感じ。表面は飴状にパリットしていて、プランテインはホクホクした食感に仕上がり美味しいです。一般的なバナナよりも酸味が少し強い感じ。