バナップル<バナナ

バナップル<バナナ

■バナップルとは?

●スミフルが開発したデザート系バナナ

バナップル:バナナ

 バナップルはスミフル社が開発したデザート系バナナの品種で、2012年4月に発売され始めた新しいブランドバナナです。リンゴのような酸味が特徴です。

 名前の由来は『Banapple(バナップル)は、“Banana”と“Apple”の造語で「まるでリンゴのような味わいのバナナ」という意味が込められています。』(スミフルのホームページより)との事。

 まだ生産量が少なく、限られた量しか流通していないことや、その味の特徴などから希少性が高く高級バナナとして扱われ、この2012年12月に購入した時は上の写真の大きさで400円近い価格がついています。

 その後、2018年を持って販売が終了したようです。

 「バナップル」という名称ではありませんが、ハワイなどで人気のある「アップルバナナ」と呼ばれる品種があり、外見もよく似ています。

●バナップルの特徴

バナップル:バナナ

 バナップルはずんぐりとした太短い形で、皮が薄くてれっとした感じ。果肉は以外にしっかりとしていて、太いですが食感的には一般的なキャベンディッシュとそう変わりません。でも味は普通のバナナのまったりとした甘みだけではなく、さわやかな酸味があり、とても濃厚なのにさっぱりとした感じがします。

●食べ頃の見極め

バナップル:バナナ

 バナップルには普通のバナナが食べ頃になると出てくる茶色い斑点、シュガースポットが出ません。熟すにつれて酸味が穏やかになり甘みが増すので、好みの熟し加減を見つける楽しさがあります。熟すにつれて表面は青さが抜けて黄色くなり、そして茶色くなってきますが、かなり茶色くなっても中の果肉は比較的しっかりとしています。

バナップル:バナナ