ホムトン・バナナ / グロス・ミッシェル種

ホムトン・バナナ / グロス・ミッシェル種

●バナナ グロス・ミッシェル種の分類と特徴

◆バナナ グロス・ミッシェル種とは

分類:ショウガ目 > バショウ科 > バショウ属

学名:Musa acuminata (AAA Group) ‘Gros Michel’

英名:Gros Michel banana , Big Mike

和名:グロスミッシェル

別名:ホムトンバナナ、ビッグマイク

 グロスミッシェル種はキャベンデシッシュ種などと同じ、Musa acuminata (AAA Group) に分類されるデザートバナナの一種です。ホムトン・バナナはタイで作られているグロスミッシェル種のバナナの名称です。ホムトンはタイで”Kluai hom thong”と書き『黄金の香り』を意味するそうです。

◆バナナ グロス・ミッシェル種の来歴

 現在国内のスーパーで普通に見かけるバナナの大半はジャイアントキャベンディッシュ種の系統ですが、1950年代までは世界的にもバナナと言えばグロスミッシェル種だったのです。

 かつて東南アジア原産のグロスミッシェル種が中央アメリカなどで大規模なプランテーションによって栽培され世界中に輸出されていったのですが、1950年代にパナマ病(フザリウム菌病)によってグロス・ミッシェル種が深刻な被害を受けてしまい、この病気に対する抵抗力のあるキャベンディッシュ種への転換が一気に進められ、1960年代には世界中からグロス・ミッシェル種は姿を消してしまい、現在ではタイなど一部地域で栽培されるだけとなっています。

◆バナナ グロス・ミッシェル種の特徴

 グロスミッシェル種のバナナは一般によく見かけるジャイアント・キャベンディッシュ種に比べやや全体に小ぶりでスリムな形をしています。また、先端部分の形状が少し突き出た形になる傾向があります。

 デザートバナナの一種で、表皮が緑のうちに収穫・出荷されますが、皮の色が完全に黄色くなってからが食べ頃となり、さらに追熟が進んで表面にシュガースポットと呼ばれる黒い斑点が出始めた時が最も甘くなります。

 グロスミッシェル種にはバナナらしい香りを感じさせる成分酢酸イソアミルがキャベンディッシュ系よりも多く含まれているそうです。

タイ産ホムトン・バナナ,HOMTON BANANA,グロス・ミッシェル種,Gros Michel

◆実際に食べてみたホムトン・バナナ グロス・ミッシェル種の食味

 撮影試食したグロスミッシェル・バナナはタイ産のものです。

皮を剥いたタイ産ホムトン・バナナ,HOMTON BANANA,グロス・ミッシェル種,Gros Michel

 バナナは特別甘いという訳ではありませんが、舌に滑らかで程よい甘みと、言葉ではうまく表現できませんが奥行きのある味わいでした。

 海外の記事ですが面白い物を見つけました。グロスミッシェル種はかつてトップ・バナナに君臨していましたが、今ではキャベンディッシュ系に転換されとても希少なバナナとなってしまいました。そうした背景もあってか、しばしばグロスミッシェル種の食味が今なお称えられ、キャベンディッシュ系よりも美味しいバナナと言われたりしています。

 ところが、沢山の人に対してブラインドテストで味比べをしてもらったところ、キャベンディッシュ系のバナナの方が良いと答えた人が多かったそうです。どちらを選んだ人であっても、その大半が味に大きな差は感じられなかったと答えたそうです。(※2)

 「味」とは不思議なもので、そのものの味には予備知識や固定観念など様々な要因によって主観が大きく影響を受けるので難しいですね。

●ホムトン・バナナ グロス・ミッシェル種の主な産地と旬

タイ産ホムトン・バナナ,HOMTON BANANA,グロス・ミッシェル種,Gros Michel

◆主な産地と生産量

 グロスミッシェル種の主な産地はタイです。タイでは中米のような大規模なプランテーションではなく個々の小規模農園で作られてきたため生き残ってきたと考えられています。

 そんなタイでもやはりパナマ病のリスクがあるため、近年キャベンデシッ種系などへの転換が進んでいるようです。

国内の産地としては

岡山県の株式会社 D&Tファーム グロス・ミッチェル種を栽培し「もんげーバナナ」というブランド名で販売。

鹿児島県の神バナナ株式会社 『皮ごと食べられる神バナナ』として販売。

愛知県の株式会社 萬秀フルーツ 知多バナナブランドでグロスミッシェル以外にも色々な品種を販売。

 などがあります。

◆タイ産無農薬栽培ホムトンバナナ

 埼玉県にある株式会社パシフィック・トレード・ジャパンタイからタイで無農薬栽培されたグロスミッシェル種を購入することができます。撮影したバナナはそこから購入したものです。

ホームページ → https://www.homton.com/

◆ホムトン・バナナ グロス・ミッシェル種の収穫時期と旬

 タイではほぼ通年収穫出荷されています。

 国内ではやはり夏が最盛期のようですが、鹿児島の神バナナは通年販売されています。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
国内                        
ホムトン・バナナ(タイ)                        

< 出 典 >

 ※1 「タイ産無農薬栽培 ホムトンバナナ HOMTON BANANA」株式会社 パシフィック・トレード・ジャパンホームページ

 ※2 「Gros Michel or Cavendish, which is the yummiest banana?」ProMusa

タイ産ホムトン・バナナ,HOMTON BANANA,グロス・ミッシェル種,Gros Michel