●ネクタリンの分類と特徴

◆ネクタリンとは

分類:バラ目 > バラ科 > モモ属 > モモ種 > ズバイモモ(モモ亜種)

学名:Amygdalus persica var. nectarina

英名:Nectarine(ネクタリン) 仏名:Nectarine

和名:ズバイモモ

別名:アブラモモ(油桃)、ツバキモモ(椿桃)、ヒカリモモ(光桃)

 ネクタリンはバラ科モモ属の木になる果実で、桃の一種になります、一般的な桃には産毛が付いているので「毛桃」と呼ぶのに対し、表面にうぶ毛がなくつるつるしているので「油桃」(”ゆとう”または”あぶらもも”)とも呼ばれています。標準和名では「ズバイモモ」とされていますが、聞きなれない名前ですよね。

●ネクタリンの特徴

 桃と比べると、果肉もしっかりしていて身崩れしにくく、酸味が十分にあるので、甘酸っぱい味です。見た目は桃と言うよりスモモに似た感じもしますが、果肉の香りや味は桃その物です。

 写真は右がスモモの中ではやや大きいタイプのサニーエンジェルです。

ネクタリンとスモモ

●ネクタリンの主な品種と栽培面積

ネクタリンの主な品種と栽培面積

 主要品種は「ファンタジア」、「秀峰」、「メイグランド」、「フレーパートップ」などで、その他にも「サマークリスタル」、「倉島」、「黎明(れいめい)」などがあります。当サイトでは下記品種の詳細と画像がご覧いただけます。


 白桃との混植園から生まれた偶発実生とされるワッサーもあります。

●ネクタリンの主要産地と収穫量

ネクタリンの主要産地と収穫量

 ネクタリンの主要産地は長野県で、平成27年産のデータを見ると全国の約64%を占めています。その他、福島県や山梨県、青森県などでも生産されています。

 全国的にみても栽培面積はそう広くはなく、桃のおよそ2割ほどしかありません。

■ネクタリンの出回る旬の時期

●ネクタリンの旬は夏

 旬は桃とほぼ同じで、夏から初秋です。品種ごとの収穫時期は下記のカレンダーを参考にしてください。天候等によって多少前後する場合はあります。

ネクタリンの品種 7月 8月 9月
サマークリスタル                  
ヒタチレッド                  
黎明(れいめい)                  
スイートトップ                  
倉島                  
晶玉                  
ファンタジア                  
スイートビーナス                  
バビオール                  
秀峰