渋柿

高瀬柿(たかせがき) 渋柿

高瀬柿 たかせがき 渋柿

■高瀬とは?

●九州で作られている渋柿の一種

高瀬柿<渋柿

 「高瀬」と呼ばれる品種の来歴は不明ですが、鹿児島や宮崎など南九州を中心に作られてきた渋柿の一種で、同じく九州で良く見かける葉隠柿とよく似ています。

 苗木の販売会社では同じものとして扱っているところもあります。

●高瀬の特徴

 大きさは一個当たり160~200g程とやや小ぶりで、高さもあり丸みのある形をしています。写真の物は福岡県久留米市で「高瀬」として販売されていた物です。吊るし柿用に枝も付いているのですが、持ち帰る数日間リンゴと共に車に積んでいたせいで程よく熟し柿になってしまっていました。

高瀬柿<渋柿

 本来は渋柿なので、そのまま食べると強い渋みがありますが、吊るし柿やあおし柿(渋抜きしたもの)にすることで美味しく食べられます。

 今回のは結構熟してしまったのですが、少し硬めの物はやはり渋みが残っており、完全に熟してゼリー状になっているものは渋みも無く、期待以上に甘くなっていました。

■主な産地と旬

●主な産地

 「高瀬柿」の主な産地は鹿児島県と宮崎県で、政府がまとめた平成23年産の栽培面積では鹿児島県4.2ha、宮崎県4.5haとなっています。

●高瀬の収穫時期と旬

 早い所では10月上旬頃から収穫が始まり11月中旬頃まで続きます。出盛りの旬は10月下旬から11月上旬頃となります。

旬のカレンダー 9月 10月 11月 12月
高瀬柿                        

高瀬柿<渋柿