ビング(Bing) アメリカンチェリー

ビング(Bing) アメリカンチェリー

■ビング(Bing)

●最も一般的なアメリカンチェリー

ビング(Bing)<アメリカンチェリーの品種

代表的なアメリカンチェリーの品種で、1875年にオレゴン州でリパプリカンの交雑実生から生まれたとされています。

現在、カリフォルニア州、ワシントン州、オレゴン州で作られ、全輸入量の約9割を占めます。

●ビングの特徴

ビングの粒は大きめでふっくらと丸みがあり、果肉は濃い赤紫色、果汁も濃紫色です。酸味より甘味が強く、缶詰に加工されたりもしています。

●ビングの出回る時期

ビング(Bing)<アメリカンチェリー

アメリカンチェリーのビングは5月上旬頃から出回り始めます。この頃は主にカリフォルニア産のもので、6月中旬頃にワシントン州やオレゴン州など北部のものに切り替わり、7月下旬辺りまで続きます。

アメリカンチェリーの中でも、ワシントン州産のビングは大粒で味も美味しい事で知られています。

旬のカレンダー 5月 6月 7月 8月
カリフォルニア産                        
ワシントン州産                        

ビング(Bing)<アメリカンチェリーの品種