ビワ(枇杷/びわ)の選び方と保存方法と食べ方

房州びわ,ビワ,富房(とみふさ)の断面

ビワ(枇杷/びわ)を選ぶ時のポイントや保存方法をはじめ切り方や美味しい食べ方などを紹介します。

■美味しいビワの選び方と保存方法

●枇杷は追熟しません

 枇杷はキウイやメロン、洋ナシなどのような追熟させて美味しくなる果物ではありません。買ったらすぐに食べるようにしましょう。また、非常にいたみやすいので、手に持つときもやさしく触るほうがいいです。

ビワ(枇杷/びわ)

●選ぶポイント

 綺麗なオレンジ色をしていて、産毛がしっかりと残っている物を選びます。また、ヘタがしっかりしてぐにゃぐにゃとしていないもの、表面に傷や茶色くなった部分が無い物を選びましょう。

ビワ(枇杷/びわ)

●保存方法

 先にもあげたようにビワは追熟しないので、保存するという考えは捨ててください。また、冷蔵庫など低温のもとでは傷みが早くなる果物の一つです。冷やすのは食べる寸前にし、それまでは冷暗所においておきましょう。冷暗所で2日程度と思ってください。

●長期間保存する場合はコンポートに

 長期間使いたい場合はシロップ煮にして、瓶に詰めて煮沸消毒したものを冷蔵庫で保存しておきます。

■ビワの美味しい食べ方

 ビワは皮をむいた後は茶色く変色しやすく、また香りが弱いこともあって加工して食べるより、フレッシュな果実そのものを食べる方が美味しく楽しめるのではないでしょうか。

●皮をむくときと、剥いた後の注意

皮は、果頂部(底のほう)から頭の軸に向かって剥くと、手で簡単に剥けます。

ビワの皮の剥き方

皮を剥いた後は茶色く色が変わりやすいので、レモン水に浸すといくらか色止めが出来ます。

●枇杷の使い方

ジャムやソース、コンポートなど。ムースにはできなくは無いが、香りが弱く、何のムースかわかりにくくなるのでお薦めはしません。

タルトや、そのままの形でトッピングに使ってもかわいいですね。