もりのかがやき

もりのかがやき りんご リンゴ

●もりのかがやきとは

◆もりのかがやきの来歴

 「もりのかがやき」は1981(昭和56) 年に国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の果樹試験場盛岡支場(現果樹研究所リンゴ研究拠点)において早生としては果実肥大が良好で、甘い食味の赤色リンゴ品種「つがる」に、多汁で食感が良い早生~中生の赤色リンゴ品種「ガラ」を交配して得られた実生苗から選抜育成された果皮が黄色く、大果で食味が優れる二倍体品種のりんごです。

 1982(昭和57)年に種がまかれ、1988(昭和63)年に初結実、1993(平成5)年に一次選抜され、2002(平成14)年から「リンゴ盛岡63号」の系統名で検定試験を受け2009(平成21)年に種苗法に基づく登録出願、2010(平成22)年には「りんご農林18号」として農林認定品種となり、2011(平成23)年に品種登録されました。交配からデビューするまでに30年かけて育成されたリンゴです。

もりのかがやき りんご リンゴ

 名称は『リンゴ園に植えられた樹に着いた黄色い果実が太陽の光をいっぱいに浴びてきらきらと輝くイメージ』に因むそうです。

 「ふじ」より3週間程度早く収獲できる食味及び外見の良い豊産性の中生品種として期待されています。

◆もりのかがやきの特徴

 「もりのかがやき」は平均果重370gほどになる大玉のリンゴで、果形は円形から円筒形。

もりのかがやき りんご リンゴ

 果皮色は黄色で、日光に当たっている面もあまり着色せず全体に黄色く、果点も目立たず表面はなめらかでサビも発生しにくいということでとても外観がきれいなリンゴです。

 果肉は黄白色でやや粗いですが歯ざわりが良く、多汁で、糖度は平均で15%程度になります。酸味は少なく、芳香があり、食味は安定して優れています。

 果実の貯蔵期間は、20℃の室温で10~14日、冷蔵で60~80日と評価され、「ジョナゴ ールド」より長いが「ふじ」より短いとされています。

 

もりのかがやき りんご リンゴ

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『—–

 果実の大きさはかなり大、果実の形は円筒形、果実の王冠の強弱は無又は弱、果実のがくの開閉は大、

 果皮のろう質の多少は多、果面の粗滑は滑、果皮の地色は黄、果皮を被う色の面積は無又は極小、

 梗あ周辺のさびの量は無又は小、果実側面のさびの量は無又は小、がくあ周辺のさびの量は無又は小、

 果点の数は少、果点の大きさは中、スカーフスキンの多少は無、

 果柄の長さはやや長、果柄の太さは中、梗あの深さは深、梗あの幅は広、がくあの深さは深、がくあの幅は広、

 果肉の硬さは硬、果肉の色は黄白、果実の甘味は高、果実の酸味は低、果実の蜜の多少は無又は極少、果心の形は円錐形、

 開花始期は中、収穫期は中、普通貯蔵の貯蔵性は長い、冷蔵貯蔵の貯蔵性は長いである。

 出願品種「もりのかがやき」は、対照品種「ふじ」と比較して、果皮を被う色の面積が無又は極小であること、果実の蜜の多少が無又は極少であること、収穫期が中であること等で区別性が認められる。

 対照品種「王林」と比較して、果実の大きさがかなり大であること、果実の形が円筒形であること等で区別性が認められる。

—–』以上、抜粋。

◆実際に食べてみたもりのかがやきの食味

 今回撮影したのは11月20日で、青森県産の470g前後もあるものでした。

もりのかがやき りんご リンゴ

 果皮は全体に黄色く、ほんのり黄緑色の部分が残っている感じでしたが、表面はすべすべでとてもきれいなリンゴでした。

 包丁で半分に切ると少し果肉が引っかかるような感じで断面がざらついた感じになりましたが、食べてみると歯切れはよく、シャキシャキとした食感で果汁もたっぷり含まれており、リンゴの良い香りが鼻から抜けていきます。

 甘味に対して酸味があまり感じられないためとても甘く感じました。

 半分に切って色々な配置である程度時間をかけて撮影していましたが、その間断面の色はあまり変わらりませんでした。

●もりのかがやきの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

 「もりのかがやき」は適性検査の結果北海道、東北から北信越にかけてのリンゴ栽培地域で栽培できるそうです。

 農林水産省の特産果樹生産動態等調査では2016(平成28)年までは青森県のみとなっていましたが、2017(平成29)年には秋田県でも1haの記載がありました。

 青森県では平成27年産で18.4ha、平成28年産で20.2ha、平成29年産21.8haと面積は増加傾向にあります。

◆もりのかがやきの収穫時期と旬

 「もりのかがやき」は中生種で、収穫時期は「ふじ」より約3週間ほど早い10月中下旬となっています。貯蔵できる期間は冷蔵で60~80日となっているので、市場に出回る時期は10月中旬ごろから遅くても12月いっぱいくらいだと思われます。食べ頃の旬の時期は10月中旬から11月中旬頃でしょう。

旬の時期 10月 11月 12月 1月
もりのかがやき                        

もりのかがやき りんご リンゴ