ブルーベリーの栄養価と効能:旬の果物百科

ブルーベリー:栄養価と効能

ブルーベリー

■ブルーベリーの主な栄養素とその働き


●目の活力!?

ブルーベリーの薬効に関する本は数多く出版されていますが、もっとも一般に良く知られていることは目の疲労をやわらげ視力低下を防ぐとともに、視力を向上
させる力でしょう。アントシアニンが目の網膜視細胞で光を伝達するロドプシンの再合成を促進する働きがあるそうです。

●ガンにも有効

アントシアニンはポリフェノールの一種で、ガンや様々な生活習慣病の原因にもなっている活性酸素を抑制する効果があります。

ビタミンE

抗酸化作用があり、体内の活性酸素を減らし老化を防ぎます

●ブルーベリーが骨粗しょう症予防

ブルーベリーなどに含まれる色素「アントシアニン」に骨粗しょう症の予防効果があることが、新飯田俊平・国立長寿医療研究センター室長らのマウスを使った実験でわかったそうです。(2012年7月19日
読売新聞

■五訂日本食品標準成分表

●ブルーベリー100gあたりの成分

下の表は五訂日本食品標準成分表に記載されているブルーベリーに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
49
kcal
86.4
g
0.5
g
0.1
g
12.9
g
0.1
g
-g -g 0 3.3
g
ビタミン
カロテン E B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
55
μg
1.7
mg
0.03
mg
0.03
mg
0.2
mg
0.05
mg
12
μg
0.12
mg

9

mg

無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 70mg 8mg 5mg 9mg 0.2
五訂日本食品標準成分表より