7月のフルーツ8月のフルーツ

ブラックベリー<木いちご

ブラックベリー(黒木苺)

ブラックベリー(木いちご):特徴や産地と旬

ブラックベリー blackberry

■ブラックベリーとは?


●バラ科キイチゴ属

 ブラックベリー(Blackberry)は米国中部が原産とされるバラ科キイチゴ属のベリー類で、ラズベリーと同じ木イチゴの仲間です。

 ブラックベリーはラズベリーやボイセンベリーなどと同じように、非常に交雑性が強く、品種も沢山あり、判別するのは簡単ではないようです。また近縁種でよく似たデューベリー(Dewberry)もブラックベリーの一種として含むこともあります。木はその多くがつる性で、棘があるものとないタイプがあり果実の形も長楕円形の実をつけるタイプと丸い実をつけるタイプなど多様性があります。

●フランスでのブラックベリー

 フランスでは一般にMûre(ミュール)として売られている事があります。しかし、厳密にはミュールは桑の実の事で、英語ではMulberry(マルベリー)と言います。ただ見た目がそっくりで、ややこしく、ブラックベリーはフランスにとっては外来果実なのでそのままBlackberry(ブラックベリー)とされているのですが、フランス人にとってはなじみにくいようで、ミュールとして売られているのが現状の様です。

ブラックベリーと桑の実

●ブラックベリーの特徴

 ブラックベリーの実はラズベリーと同じように、種を包んだ小さな粒が沢山集まって一つの実になっています。ラズベリーが可愛い赤いをしているのに対し、これは黒々とした実で、その分アントシアニンなどのポリフェノールを沢山含んでいます。

 品種にもよりますがラズベリーよりも大粒になるものも多いです。果実の形は品種によって長楕円になるタイプと丸い形になるものがあります。いずれも果芯部には花床が詰まっていてラズベリーのような空洞にはなっていません。この花床部分は柔らかく、そのまま食べることができます。

ブラックベリー blackberry

●ブラックベリーの食味

 ラズベリーは収穫する際、実の部分だけが綺麗に取れますが、ブラックベリーは花床(芯の部分)が残ったまま取れます。その分食べた時に渋みや苦みとして感じます。

 完熟したブラックベリーの食味は品種によって酸味があるものもありますが、多くは甘みとわずかに渋みのコクのある味わいでラズベリーのような酸味はあまり感じられません。

■ブラックベリーの旬は

ブラックベリー blackberry

●出回り時期

 フレッシュのブラックベリーはアメリカなどから通年輸入され、常に出回ってはいます。ただ、国産の物は夏の時期にしか出回りません。

●収穫時期と旬

 ブラックベリーは春から初夏にかけて花を咲かせ夏に実を付けます。収穫時期は7月から8月頃です。

●家庭菜園でも収穫可能

 ブラックベリーは家庭でも比較的簡単に栽培することができ、ます。地植えはもちろん、プランターや鉢植えでも実をつけます。

旬のカレンダー

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブラックベリー