ゆふおとめ(大分3号) イチゴ

ゆふおとめ(大分3号) イチゴ

■ゆふおとめとは

●大分県生まれのいちご

ゆふおとめ:いちご

 「ゆふおとめ」は大分県のオリジナルブランドいちごとして出荷されているもので、JA全農大分に問い合わせたところ、「さがほのか」と「とちおとめ」の交配によって生まれた品種だそうです。

 2010(平成20)年に大分県によって「大分3号」として品種登録の出願公表されていますが、登録はされなかったようです。

●ゆふおとめの特徴

 果実の雰囲気は「とちおとめ」というより「さがほのか」に近い感じです。平均して形はなで肩の円錐形で種のくぼみはやや深いです。

 果肉の中心部は白くジューシーで、甘みが強く酸味は穏やかです。香りも甘く美味しいです。

ゆふおとめ:いちご

 ヘタの部分、ガクが果実と離れ気味で、首が細く、ナイフでヘタを切り取りやすい感じです。

ゆふおとめ:いちご
< 出 典 >
※ 「イチゴ「大分3号」の育成」」大分県農林水産研究指導センター研究報告 1号 p. 25-33 2011年3月