濃姫(のうひめ)-いちご

濃姫(のうひめ)-いちご

■濃姫/のうひめとは?

●岐阜県の第1号オリジナル品種

 「濃姫」は岐阜県農業総合研究センターにおいて、1988(昭和63)年に「アイベリー」に「女峰」を交配して得られた実生から選抜、育成され1995(平成7)年に登録出願され、1998(平成10)年に品種登録されました。

 岐阜県ではじめてのオリジナル品種という事で出願時の名称は「岐阜1号」とされていました。

濃姫/のうひめ/ノウヒメ

●濃姫/のうひめの特徴

 「濃姫」の果実はアイベリーの血を受け継ぎ大きめで、形はやや縦長の円錐形で果皮の色は鮮赤色で艶があります。

 甘い香りが強く、切ると果肉は固すぎず柔らか過ぎず適度な固さで、肉色は中心まで淡い赤色をしています。果心の空洞は少し出来る傾向にあります。

濃姫/のうひめ/ノウヒメ

 品種登録データベースには以下のように記載されています。

 『果皮色は鮮赤,果形(第2果以降)は円錘,果実の大きさはかなり大,果肉色は淡紅,果実の光沢は良である。・・・・・・果実の硬さはやや軟,無種子帯はほとんどなし,そう果数は中,がく部の着色の難易はかなり易である。果実の香りはかなり多、・・・・』

 今回入手したものはやや小ぶりで、色は濃くよく熟した感じで香り、味共に強いですが、やや酸味が勝っている感じで生クリームと合わせると美味しさが引き立つような味わいでした。

■濃姫いちごの主な産地と旬

●主な産地と生産量

濃姫/のうひめ/ノウヒメ

 「濃姫」は岐阜県では初めて生み出されたオリジナル品種ということで、それまで作られてきた「女峰」などから切り替えが進み、2014年頃には岐阜県内全体の約65%を占めるほどになりましたが、その後2007年に「美濃娘」が登場し、令和元年の時点では36%ほどとなっています。

●濃姫いちごの収穫時期と旬

 「濃姫」は促成栽培に適した品種で、早いものは11月中旬頃から収穫が始まり、5月中旬頃まで続きます。出盛りの旬は12月から3月となります。

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
濃姫いちご                        

濃姫/のうひめ/ノウヒメ

濃姫/のうひめ/ノウヒメ