レディア<イチゴ

庄島苺園産 レディアいちご

■レディアとは?

●庄島苺園で生まれた新品種

庄島苺園産 レディアいちご

 レディアはダイヤモンドベリーを生み出した福岡県前原市(現在は糸島市)で庄島苺園をされている庄島隆氏によって新たに開発された新品種です。品種登録は2012年12月に出願され2015年に品種登録されました。

 

 各地に出荷もされていますが、生産は庄島苺園でのみのようです。

●レディアの特徴

 形は比較的整った円錐形で全体に赤く色付いていますが、特に目立った特長は見られません。

 果肉は外側が薄いピンクで中心は白く、果肉はジューシーですがしっかりとしています。香りは強くはありませんがいい香りです。そして、大きな特徴は穏やかな酸味の上に強い甘さが感じられ、とても甘く美味しい事です。糖度は13度前後の物が多いようです。整った形と美しい赤色にこの甘さなので全体のレベルとしては高いと感じられますが、価格は一般的なイチゴとそう変わらない価格となっていました。

庄島苺園産 レディアいちご

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『—–

 果実の大きさは大、果実の縦横比はかなり縦長、果実の形は円錐形、

 果皮の色は赤、果実の光沢の強弱は強、そう果の落ち込みは落ち込み中、

 果実のがく片の付き方は水平、果径に対するがく片の大きさはやや大、

 果実の硬さはやや硬、果肉の色は橙赤、果心の色は淡赤、果実の空洞は無又は小、

 季性は一季成りである。  

 出願品種「レディア」は、対照品種「ゆめのか」と比較して、花の数が少であること、果柄の長さが中であること、そう果の落ち込みが落ち込み中であること等で区別性が認められる。

 対照品種「山口ST9号」と比較して、草姿が開張性であること、頂小葉の横断面の形が上に湾曲であること、そう果のアントシアニン着色の強弱が弱であること等で区別性が認められる。

—–』以上、抜粋。

庄島苺園産 レディアいちご

庄島苺園産 レディアいちご