天使の実 < 白イチゴ

天使の実 < 白イチゴ

●天使の実とは

◆天使の実の来歴

 「天使の実」は佐賀県唐津市のいちご農家、井手重夫氏によって生み出された、きわめて大粒の白いいちごです。

 このイチゴは「おおきみ」と名もなき白いちご品種をもとに自然交配と選抜を繰り返して育成されたとされ、果皮の色が白い事に加え一粒の平均が60gにもなるイチゴとして他の白いちごとは一線を隔するプレミアムな白いちごとなっています。

天使の実,白いちご,白いイチゴ

 2012年に種苗法に基づく登録申請が出され、これより先に育成され出願されていた「雪うさぎ」という白いちごとともに2014年に品種登録されています。

 2013年には井出氏を中心に「唐津スノーベリー協会」が設立され本格的に市場に出荷されるようになりました。

◆天使の実の特徴

天使の実,白いちご,白いイチゴ

 「天使の実」は果皮の色が桃白であることと、果実がとても大きく平均果重が60gもあるのが特徴で、大きいものになると100gを越えるそうです。

 果形は縦横同じくらいの円錐形で、そう果(表面の種のような粒)の落ち込みは浅く、果実によっては表面に出ていたりします。

 果肉は真っ白で、果芯に空洞はできにくく、あってもあまり大きくはないようです。

 また、香りはメロンやパイナップルに例えられ、他にはないイチゴとなっています。

天使の実,白いちご,白いイチゴ

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『—–

 果実の大きさは極大、果実の縦横比は同等、果実の形は円錐形、

 果皮の色は淡橙、果実の光沢の強弱は強、そう果の落ち込みは落ち込み小、

 果実のがく片の付き方は上向き、果径に対するがく片の大きさはやや小、

 果実の硬さは軟、果肉の色は白、果心の色は白、果実の空洞は無又は小、季性は一季成りである。

 出願品種「天使の実」は、対照品種「雪うさぎ」と比較して、果実の空洞が無又は小であること、開花始期が極晩であること、果実の成熟期が極晩であること等で区別性が認められる。

 対照品種「和田初こい」と比較して、頂小葉の横断面の形が上に湾曲であること、果実の大きさが極大であること等で区別性が認められる。

—–』以上、抜粋。

◆実際に食べてみた天使の実の食味

 今回撮影試食した「天使の実」は「九州よかど市」というサイトで注文したもので、箱を開けてイチゴの大きさに感動しました。ただ、届いた時点でヘタの部分が枯れ気味だったことと、一部傷み始めているものもありました。井手農園の方に写真を見ていただいたところ、これはおそらく輸送中の冷気によるものではとのことでした。このイチゴはもともとガク片の色が薄い黄緑でガク枯れはしやすいそうです。

天使の実,白いちご,白いイチゴ

 イチゴは1箱 (450g以上)で8粒入りで、確かに1個あたり60g前後あり、イチゴとは思えない、まさにパイナップルのような香りを発していました。

 食べてみると、果肉はみずみずしく、甘味酸味ともに穏やかな感じで糖度の高い赤いいちごとは別の果物を食べているような感じです。そして、やはり香りがパイナップルそのものといった感じで、特別甘い訳ではないのですが、とても美味しく感じました。

 ちなみに、このイチゴを一緒に食べた7人全員がパイナップルの香りがすると言っていました。パイナップルのような香り、食味のいちごと言えばやはり白イチゴの「パインベリー」という海外品種があり、このDNAが混じっているのかもしれないな・・・と勝手に思ったりしました。

 「天使の実」と同時に「雪うさぎ」も届いたので食べ比べをしてみましたが、目をつぶっても両者の違いが分かるほど香りや食感が違います。印象的にはこの「天使の実」のインパクトが強くのこっています。

天使の実,白いちご,白いイチゴ

 糖度を計ってみると、高いもので10度足らず、低い物では7度程しかありませんでした。ただ、このイチゴに関しては”甘いだけがイチゴじゃない”とあらためて感じさせてくれるイチゴでした。

●天使の実の主な産地と旬

天使の実,白いちご,白いイチゴ

◆主な産地と生産量

天使の実,白いちご,白いイチゴ

 「天使の実」は佐賀県唐津市の「唐津スノーベリー協会」の会員しか栽培していません。2021年現在、5軒の農家が会員として生産されています。

 「唐津スノーベリー協会」の会員5人全員が化学肥料50%以下、化学農薬50%以下という佐賀県特別栽培農産物の認定を取得しているそうです。

 「天使の実」と「雪うさぎ」はこの5人の農家さんだけで作られているので生産量は極わずかです。その希少性もあり、価格もとても高価なイチゴとなっています。

 2021年春の時点では「唐津スノーベリー協会」全体で「天使の実」と「雪うさぎ」合わせて37aで11トンほど生産されているとのことです。

 また、国内向けだけでなく、海外への輸出もされています。

◆天使の実の収穫時期と旬

 「天使の実」は極晩成ですが、12月中下旬辺りから収穫が始まるようです。春以降、気温があがると日に当たる部分がピンク色に色付きやすくなるそうで、収穫は4月までとなっています。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
天使の実                        

< 出 典 >

 ※ 「唐津スノーベリー協会」Facebookページ 及び 問い合わせ

 ※ 「幻の白いいちご」九州よかど市ホームページ

 ※ 品種登録データベース 農林水産省ホームページ

●白イチゴいろいろ


天使の実,白いちご,白いイチゴ