イボダイ/エボダイ/シズ/ボウゼ/モチノウオの栄養価と効用


イボダイ/エボダイ/シズの栄養価と効用

イボダイ/エボダイ/シズ

 イボダイ/エボダイ/シズに含まれる主な有効成分とその働きやカロリーやビタミン類など栄養成分量を七訂日本食品標準成分表とともになどを紹介します。

■主な栄養素と効能

●動脈硬化の予防、改善

 イボダイは白身魚ですが意外に脂肪分が多く含まれています。しかし、その中には一価、多価共に不飽和脂肪酸も沢山含まれています。これらには悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防、改善に効果があるものがたくさんあります。EPAは100g中220mg、DHAは590mg含まれています。

●動物性のタンパク源

 イボダイは魚類の中ではたんぱく質の割合が少ない部類ではありますが、100g中16.4g含んでいます。



■七訂日本食品標準成分表

●イボダイ/エボダイ/シズ 可食部100gあたりの成分

 下の表は七訂日本食品標準成分表に記載されている生のイボダイに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
149
kcal
74.0
g
16.4
g
8.5
g
Tr 1.1
g
2.24
g
3.9
g
57
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 パントテン酸 C
95
μg
2.0
μg
0.7
mg
0.04
mg
0.19
mg
4.7
mg
0.29
mg
2.7
μg
0.57
mg
1
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
190mg 280mg 41mg 30mg 160mg 0.5mg

七訂日本食品標準成分表より

イボダイ/エボダイ/シズ