ケガニ (毛蟹)の栄養価と効用


ケガニ (毛蟹/けがに):栄養価と効用

ケガニ,毛蟹,けがに,Erimacrus isenbeckii,Horsehair crab

 ケガニ (毛蟹)に含まれる主な有効成分とその効用や、カロリーをはじめビタミン類などの栄養成分量や、アミノ酸の量を七訂日本食品標準成分表をもとに紹介します。それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。



●ケガニ (毛蟹/けがに)に含まれる主な有効成分とその働き

◆強い抗酸化力のアスタキサンチン

 カニ身の赤い色はアスタキサンチンという色素ですが、これはβ-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で高い抗酸化作用を持ち、血管を健康に保ったり、免疫力を高める効果があるとされています。ただ、これは食べない殻に多く含まれています。

◆低カロリーでアミノ酸はたっぷり

 毛ガニは約8割が水分で、100g中のカロリーは生で72kcal、茹でたものでも83kcalしかありません。

 しかし、グルタミン酸やアスパラギン酸をはじめ各種アミノ酸がたっぷりと含まれ、旨味の強い食材となっています。

◆ミネラルも豊富

 カルシウムやリンといった骨の素ともなるミネラルの他、マグネシウムなどもバランスよく含んでいます。

●七訂日本食品標準成分表でみるケガニ(毛蟹)の栄養成分量

ゆでたケガニ,毛蟹,けがに,塩ゆで,茹でた

◆ケガニ(毛蟹)の可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

状態 エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
72
kcal
81.9
g
15.8
g
0.5
g
0.2
g
1.6
g
0.05
g
0.21
g
47
-g
ゆで 83
kcal
79.2
g
18.4
g
0.5
g
0.2
g
1.7
g
0.06
g
0.24
g
53
-g
ビタミン
状態 レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
Tr 0
μg
2.2
mg
0.07
mg
0.23
mg
2.3
mg
0.16
mg
1.9
μg
13
μg
0.41
mg
Tr
ゆで Tr 0
μg
3.7
mg
0.07
mg
0.23
mg
2.4
mg
0.13
mg
2.5
μg
10
μg
0.40
mg
Tr
無機質
状態 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
220
mg
340
mg
61
mg
38
mg
260
mg
0.5
mg
ゆで 24
0mg
280
mg
66
mg
39
mg
200
mg
0.
6
mg

七訂日本食品標準成分表より

■毛蟹(ケガニ)に含まれるアミノ酸の量

●毛がに100gあたりに含まれるアミノ酸

 毛蟹(ケガニ)には様々なアミノ酸も豊富に含まれています。下の表は日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010に掲載されている毛蟹(ケガニ)に含まれているアミノ酸の一覧です。

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 580 チロシン 480 アラニン 820
ロイシン 990 トレオニン 600 アスパラギン酸 1300
リジン 1000 トリプトファン 130 グルタミン酸 1900
メチオニン 370 バリン 620 グリシン 1100
シスチン 160 ヒスチジン 320 プロリン 810
フェニルアラニン 540 アルギニン 1600 セリン 560
日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010より