ホッコクアカエビ/甘海老(あまえび)の栄養価と効用


ホッコクアカエビ(甘えび):栄養価と効用

ホッコクアカエビ あまえび 甘海老 北国赤海老

 それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。

●ホッコクアカエビ/甘エビに含まれる主な有効成分とその働き

◆高タンパク低脂肪で身体に優しい食材です

 高タンパク低脂肪。甘エビの甘味は脂肪によるものではなく、このたんぱく質に含まれるグリシンやアラニンなどのアミノ酸なのです。



◆ビタミンEが豊富

 強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。

◆エビはタウリンを多く含んでいます

 タウリンは脳卒中、高血圧、心臓病の予防や疲労回復、視力回復に有効とされています。

◆アスタキサンチン

 ゆでると赤くなる色素成分はアスタキサンチンと言われるもので、強い抗酸化力で発がんを抑制し、血液をサラサラにすると言われています。

◆エビの殻も美味しく食べて健康に

 エビやカニの殻にはキチンという不溶性食物繊維が含まれており、便秘の予防・改善に役立つだけでなく、大腸がんの予防やコレステロールを体外に排出するはたらきなどもあるとされています。

●七訂日本食品標準成分表でみるホッコクアカエビ/甘エビの栄養成分量

◆可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
87
kcal
78.2
g
19.8
g
0.3
g
0.1
g
1.6
g
0.03
g
0.11
g
130
mg
-g
ビタミン
D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
0
μg
3.4
mg
0.02
mg
0.03
mg
1.1
mg
0.04
mg
2.4
μg
25
μg
0.21
mg
-mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
300mg 310mg 50mg 42mg 240mg 0.1mg

七訂日本食品標準成分表より