旬の食材百科
旬のフルーツ


キウイフルーツ
原産地は中国の揚子江沿岸
その後、ニュージーランドで栽培されるようになり、ニュージーランドの国鳥である『KIWI]』に外観が似ていることからこの名前が付けられました。今では、日本でも九州から東北まで広く栽培されています。

主な品種
一般的なヘイワード種以外にも、今では、ゴールデンやベビーキウイ、アップルキウイ、レッドキウイなど、いくつかの品種が市場に出回っています。中でもレッドキウイは群を抜いて甘みが強い品種です。

ゴールデンキウイ
糖度が20度前後と著しく高く、ビタミンはヘイワードの2倍にもなるそうです。果肉の色は、緑ではなく、黄色です。糖度が高く、貯蔵に向かないため5月から8月まで期間しか出荷されていません。

レッドキウイ
愛媛県 鴻上農園をはじめ、全国でもまだ栽培農家が数少ないキウイで、鴻上農園で栽培されているプリンスレッドキウイは、平均糖度20度以上もあると言うことです。

全国の旬のスイーツをお取り寄せで楽しもう!


国産が冬から春にかけて収穫されますが、輸入物をあわせると、基本的には通年安定して出荷されています。あまり季節感を感じさせない果実のひとつです。また、洋ナシなどと同様追熟する果実です。


硬い場合は追熟を
硬い場合は、ポリ袋などに入れ、暖かいところに置いておくと追熟し、おいしくなります。

●生食が中心です。
色がきれいなので、フルーツサラダや、トッピングに使用します。注意しなければならないのは、アクチニアジンを含んでいるため、生のままではゼラチンとの相性が悪いこと。そのままゼリー寄せなどにしても酵素が働き、ゼラチンのたんぱく質を分解するため固まりません。加熱することで、酵素の働きを抑えることが出来ます。

●ピューレにして
シャーベットやソースに使用できます。この場合、ミキサーにかけると種がつぶれ、茶色くなることが多いので、ミキサーではなく裏ごしするほうがいいでしょう。

●料理
甘酸っぱい味を活かした前菜や、魚料理のソースに使ったり、豚肉料理にパイナップルのような使い方をしたりします。


ビタミンCを多く含んでいます
ビタミンCが100g中に約70mg前後と豊富に含まれています。およそみかんの倍の量です。 これは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

カリウムもたっぷり
カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。逆に不足すると、筋肉が弱り、障害を起こすそうです。

何気に食物繊維も
ネギなどの野菜と同じくらい含まれているので、整腸作用があり、便秘に効果があります。

アクチニジンというタンパク質分解酵素
肉や魚などのたんぱく質を分解するので、消化を助けてくれます。

テレビでも紹介
血糖値を下げる効果や癌抑制効果など多くの学会発表がなされ、『おもいっきりTV』や『あるある大辞典』、『はなまるマーケット』など多くのTV番組でも紹介されているようです。

お取り寄せにお勧めはこちら
レッドキウイのお取り寄せ はちまるはち
フルーツ 大和の匠
さんきん楽天支店


[48時間限定★500円OFF! 11/16 0:00〜11/17 23:59] 【送料無料】 着る..

トップページ

友達に教える

コピーライト
お問い合わせ
広告掲載等も受付中
お気軽にお問い合わせください。