ズッキーニ・ロマネスコ<ズッキーニの品種

ズッキーニ・ロマネスコ

●ズッキーニ・ロマネスコとは

◆イタリアのエアルーム品種

ロマネスコはイタリアで古くから作られ、伝統野菜的な存在の品種です。海外では色々な種会社から種が販売されていますが、日本にはフランキ社(FRANCHI)やホルトゥス社(Hortus)の物が多いようです。

◆ズッキーニ・ロマネスコの特徴

この品種は花ズッキーニとしても知られ、花が付いたままの幼果も収穫できます。ズッキーニそのものを食べるなら18~20cm程で収穫した物がお勧めで、収穫せずに育て続けるとヘチマサイズくらいまで大きくなります。ただ、そうなったものは味や食感が著しく落ちてしまいます。

ズッキーニ・ロマネスコ

特徴は付け根から先まで縦にヒダ状の隆起があることです。これが輪切りにした時に綺麗な形に見えます。

適時に収穫されたものは、様々なズッキーニの中でも最上の味と食感を備えている優れた品種と言われています。

実際に食べてみると、一般的なズッキーニよりもやや果肉はしっかりした感じですが、皮は意外に柔らかく口の中で違和感は感じません。味は青臭みは少なく、特有のナッツのようなと例えられる香りが広がります。

ズッキーニ・ロマネスコ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。