オクラに含まれる栄養成分と効用

オクラ

■オクラに含まれる主な有効成分と効用

●オクラのぬめりが体にいい

オクラ

 オクラに含まれるぬめりの成分はガラクタン、アラバン、ペクチン、といった食物繊維で、ペクチンは整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があると言われています。

オクラは緑黄色野菜βカロティンも豊富

 オクラにはβカロテンがレタスのおよそ3倍以上も含まれているようです。抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

●カリウムやカルシウムを豊富に含んでいます。

 オクラに沢山含まれているカリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。また、カルシウムは骨を生成する上で欠かせない成分です。骨を丈夫にし、健康を維持します。また、イライラの解消にも効果があります。

■五訂日本食品標準成分表でみるオクラの栄養成分

オクラ

●オクラの可食部100gあたりの成分

 下の表に生のオクラに含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
30
kcal
90.2
g
2.1
g
0.2
g
6.6
g
0.9
g
-g -g 0 5.0
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
670
μg
1.2
mg
71
μg
0.09
mg
0.09
mg
0.8
mg
0.10
mg
110
μg
0.42
mg
11
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
4mg 260mg 92mg 51mg 58mg 0.5mg
七 訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。