旬の食材百科TOP / 野菜TOP / 野菜の旬カレンダー / 旬の食材と栄養素 / ブログ /

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります


ネギのページに戻る


ネギ(葱)の種類とそれらの特徴

 

千住ネギ

白ネギ
一般にスーパーなどに並んでいる白ねぎ(長ネギ)がこれになります。根深ねぎの代表的な存在。皆さんも食べた事があると思います。味に関しては省略します。
シロネギ

下仁田ネギ

下仁田ねぎ

群馬県下仁田町の特産。上州一本ねぎ、殿様ねぎなどとも言われています。太く短いねぎで、白い部分だけを使います。甘味、辛味共に強く、煮物にすると旨みが引き立ちます。
採れる時期が短く、市場に出る量も少ないので、主に関東で消費されているようです。

加賀ネギ

 

「金沢一本」とも言われ「金沢の伝統野菜」になっています。
根深ねぎの一種で、太く長い。歯ざわりはやわらかく、冬に甘みが増します。
煮物にすると旨みが引き立ちます。
 
赤ネギ

赤ネギ

山形県庄内地方などで知られる赤ネギ

普通だと白い部分が赤くなっています。赤いのは表面だけですが、それでもスライスしたり白髪ねぎを作るととても綺麗です。

曲がりネギ

曲がりネギ

栃木県の特産。土の層が浅いため、斜めに植え、その上に土を寄せていくため根の部分から大きく曲がっています。しかし、味は甘味があって柔らかくやさしい辛味を備えた美味しいねぎです。

画像はクリックで拡大出来ます

九条ネギ

九条ネギ

色が濃く太めの太ねぎ(黒種)と浅黄色でやや細く、株分かれしいやすい細ねぎ(浅黄色種)があります。
京都の伝統的な野菜す。口当たりがやわらかで甘味があり、葉の内部にぬめりがあります。寒さが厳しくなり始めた頃、霜が何度か降りるとこのぬめりが多くなり、甘味が強くなるそうです。

本来の伝統的な栽培方法は非常に手間がかかるそうです。秋に種を撒き、春に植え替え、夏にはいったん株を掘りだして1ヶ月間天日で乾燥させ、その後また植え付けて晩秋にやっと収穫できるそうです。今でもこの方法で栽培されたものが手に入れば幸運です。

画像はクリックで拡大出来ます

九条ネギ

小ネギ・万能ネギ・やっこネギ

万能ねぎ

九条ねぎの品種改良されたものです。
万能ねぎは福岡県の特産

やっこねぎは高知県の特産になっています。

画像はクリックで拡大出来ます

小ネギ 小葱

ワケギ

わけぎ

ねぎとたまねぎの雑種で関西以西で栽培されます。種ではなく、球根で増えるため、ねぎより根の部分が少しふくらんでいるのが特徴です。クセが少なく、香りもソフトで、ネギ独特の辛味が少なく甘みがあります。「ぬた」はこのねぎの旨みをうまく活かした料理でしょう。
わけぎ  
 

アサツキ

アサツキ

独立した種類で辛みの強いのが特徴。本来は山菜で、冬から早春にかけてが旬です。夏など。それ以外に出回っているものはほとんど葉ねぎを若取りしたものです。ある意味偽物です。
辛味が強いので、そのものを食べると言うより、薬味として使います。
あさつき  
 

(仏)シブレットciboulette (英) チャイブchive

 

英名はチャイブ。ヨーロッパに自生しているねぎの一種で、あさつきによく似ていますが、さらに細く、ハーブとして扱われています。味や香りはアサツキほど強くないですが、柔らかいねぎの香りがあります。

(仏)ポワロ− poireau (英)リーキ leek

リーキ(ポワローネギ)

ベルギー・オランダ産やベルギー産などが輸入されますが、国産でも静岡などで少量作られています。茎が太く、歯は扁平で厚い。味と香りは根深ネギよりまろやかで、さっと茹でたものは歯ざわりがあり、甘味があっておいしい。
スープにしたり、さっと茹でて、ドレッシングであえるだけでも素材の甘みが楽しめて美味しいのでサラダに加えたり、煮ても美味しい。ただし、茹ですぎは禁物。魚料理の付け合せなどにもいいですね。ネギの仲間ではありますが日本のネギの種類とは別のもので、味香りがやさしいので、ネギが苦手な人でも食べられるかもしれません。

ページトップへ          ネギのページに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 栄養と食材 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / ブログ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク
飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2011 旬の食材百科 All Rights Reserved by Foodslink.jp