水茄子/ミズナス/水ナス<なすの品種

ミズナス(水茄子/みずなす)

●ミズナス(水茄子/みずなす)とは

◆生でも食べられるナス

ミズナス(水茄子/みずなす)

水ナスは灰汁が少なく、一般的ななすとは違い生のままでも食べられることで知られています。水分が多く、皮も薄いので口に残らず、生のまま食べると独特の食感があり、ほんのりと甘味も感じることが出来ます。

形は卵型のなすで、すこしゴツゴツした感じがあります。

◆栽培の苦労

水ナスは皮が薄く、自分の葉やトゲですぐに表面が傷ついてしまいます。傷がないものを作るために、一つ一つの果実に細心のケアが行われています。また、このみずみずしい食味を生み出すにはとにかく沢山水をやらないといけないそうです。

◆大阪の泉州特産

水ナスは各地でも生産されていますが、古くから大阪の泉州地方で沢山作られてきました。今でもこの地方の特産として知られています。

ミズナス(水茄子/みずなす)

●美味しいミズナス(水茄子/みずなす)の食べ方

◆調理のポイント

皮が薄く、果肉には水分がたっぷりと含まれていて灰汁も少ないので生のままでも食べられます。

◆サラダ

生のままスライスしたものをサラダに仕立てたり、スモークサーモンや生ハムなどを挟んで前菜にすることも出来ます。

◆漬物

水ナスは浅漬けにするととても美味しいナスです。

◆ミズナス(水茄子/みずなす)を使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトの水ナスを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。