白いダイコン(大根)の主な品種と特徴

ここでは一般的な白い大根を色々紹介しています。

●青首(あおくび)大根

青首大根 クリックで拡大/

青首宮重(あうくびみやしげ)群と言われる種類のもので、葉の付け根辺りが日に辺り青くなっているもの。

今、一般に市場に出ているものの大半がこの種類である。生産量は大根全体の9割以上を占めているそうです。一年を通して出荷されています。

●間引き大根 

間引き大根

これは品種ではなく、大根が育つ過程で間引きをした物。

サラダやピクルスに

葉は刻んで炒め物や、汁物に

これ位だと若く柔らかいので、浅漬けでも美味しい。

●三浦(みうら)大根

三浦大根 クリックで拡大

神奈川県の三浦で生まれた品種で、真ん中が太くなっている白首大根。 肉質はきめ細かく、生では辛味が強いのですが、荷崩れしにくく、煮物にすると甘みが出るため風呂吹きなどにもされています。

一時期、かなり栽培が減ってしまったのですが、近年、徐々に増えてきているようです。

●亀戸大根

亀戸大根 クリックで拡大 亀戸大根

●練馬(ねりま)大根

青首大根に対して、練馬を中心に栽培されていた品種で、首まで白いもの。関東のたくあんと言えば、練馬大根。

●聖護院(しょうごいん)大根

聖護院大根 クリックで拡大

聖護院大根・丸大根のページはこちら →

お取り寄せはこちら旬の京野菜セット

●源助(げんすけ)大根

源助(げんすけ)大根の解説と写真 →

●守口(もりぐち)大根

大阪の守口で生まれた大根。ですが、名古屋・岐阜の特産物になっています。

特徴はその形で、太さ2~3cmで、長さがなんと2~3mにもなるそうです。異様に細長い大根で、繊維質が多く辛味が強いので、もっぱら漬物用となっています。守口漬けは愛知の名産品になっています。

●桃山だいこん

京都の桃山で栽培されてい多品種で、形は根が短くずんぐりしていて、長さ約25センチ。

ねずみ大根とも呼ばれ漬け物専用品種です。

漬物にする際、約1年間もたるの中に漬けるそうです

●親田辛味大根

長野県下條村の特産品。下條村内の親田地区でしか栽培できないといわれている「幻の大根」です。

白い物と紫色の物があり、白い物は「ごくらくがらみ」紫の物は「とやねがらみ」と呼ばれています。

主におろしとして使われ、薬味として蕎麦や焼き魚、餅、焼肉、天ぷら等に添えられます。中でも蕎麦との相性は抜群。

●ミニ大根

これは自宅で大きめの植木鉢で栽培したミニ大根。2012年6月末に収穫した物。

根だけでなく葉も全体に小さく、まさにミニチュアの大根と言った感じ。しかし味はしっかりと大根の味で、ほんのりとした甘みと後口に大根特有の辛みが感じられます。