旬の食材百科TOP  / 野菜百科 /  果物百科 / 魚貝百科 / きのこ百科 / ハーブ百科 / レシピノート

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります



楽天市場から旬の野菜を産直でお取寄せできます

海ぶどう(海葡萄/ウミブドウ):美味しい旬の時期と主な産地

海ぶどう(海葡萄/ウミブドウ)

●海ぶどう(海葡萄/ウミブドウ)とは

◆イワズタ科イワズタ属 (英)Sea grapes(仏)Raisins de la mer

海ぶどう(海葡萄/ウミブドウ)海ぶどうとはイワズタ科イワズタ属に属する海藻で、正式な名称はクビレズタ(括れ蔦)と言います。沖縄や南西諸島の亜熱帯地方の沿岸の比較的浅い砂底地に生えていて、その姿形がブドウに似ている事から海ブドウと名付けられました。また、グリーンキャビアとも呼ばれています。

海ぶどうは海底にランナーと呼ばれる茎を伸ばし、その茎から海面に向かって垂直に伸びる茎を伸ばします。この垂直に伸びる茎にびっしりと丸い球状の葉?を付け、この部分を主に食用とします。

沖縄では古くから食用とされてきましたが、近年の沖縄料理ブームなどもあり、天然物は乱獲などのため激減し、市場に流通している物のほとんどは養殖されているものとなっています。

●海ぶどう(海葡萄/ウミブドウ)の主な産地は

◆海ぶどうは沖縄の特産

海ぶどうは養殖もおこなわれるようになり、今ではほとんどが養殖物となっていますが、その産地もやはりほとんどが沖縄県の本島や久米島などです。

◆海ぶどうは輸入もされています

海外でも、東南アジアやオセアニアなどで海ぶどうは採れ、養殖も行われています。そう言った物がベトナムやフィリピンなどから輸入されていています。また、沖縄などでの養殖は陸上で、ハウス内にタンクを設置し、その中で育てているのに対し、ベトナムなどでは海中で養殖されているので、天然物に近い状態で質が良いという声もあります。

●海ぶどう(海葡萄/ウミブドウ)の旬は

◆海ブドウの房が充実する季節

流通している海ブドウはほとんどが養殖物なので基本的に通年出荷はされているようです。しかし、房が充実する時期は秋〜春にかけてで、夏の暑い時期は海水温が上がり、房が痩せてしまいます。

また、海ブドウの適温は15度から28度位までなので、夏場は流通段階でも気温が高い状態にあるため、良い状態で鮮度を保つ事が難しく、逆に冬は気温が低すぎてやはり海ぶどうがしぼんでしまいます。

◆美味しい海ブドウが食べられる旬の時期

そう言う事から、房が充実し美味しい海ブドウが食べられる旬の時期は春と秋と言う事になります。なんとなく沖縄の食材なので夏のイメージがあったのではありませんか?

品種
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
海ブドウ (本土)                        
海ブドウ(沖縄)                        

選び方と保存方法 →

食べ方と栄養成分 →

画像一覧 →

海ブドウの産直お取り寄せはこちら →

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   旬の食材百科トップ   / 魚貝百科  / 野菜百科  / 果物百科  / きのこ百科 / ハーブ百科

 

栄養と食材 / 旬の食材百科レシピノート / サイトポリシー / 管理者

 

関連リンク ;

 

旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう! 

Copyright (C) 2003 -2016 All Rights Reserved by Foodslink.jp

飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク / 旬の陸釣りノート /  「旬の食材百科」 これ食べてみた / ブログ