サマービュート<スモモの品種

すもも、スモモ、李の品種サマービュート

■サマービュートとは?

●来歴

すもも、スモモ、李の品種サマービュート

サマービュートは山梨県がオリジナル品種を開発すべく、1991(平成3)年に山梨県果樹試験場(山梨市)において、「ソルダム」に「ブラックビュート」を交配し、その実生の中から選抜、育成されたスモモで、2001(平成13)年に登録出願、2005(平成17)年に品種登録されています。

果実が丸く大玉で果皮は紅色にぼかし状に着色する中生種です。

サマーエンジェル」とは同時期に同じ試験場で生まれています。

すもも、スモモ、李の品種サマービュート

●サマービュートの特徴

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『- - - - - - - -果形は円、果頂部の形はやや平、空洞は無、梗あの深さは深、広さは広、赤道部の縫合線の深さは浅、梗あ部の縫合線の深さは中、果実の大きさは大、果皮の地色は緑黄、着色は紅、濃さはやや淡、形はぼかし、果粉の多少は中である。果肉の色は淡黄、変色はやや晩、硬さはやや硬、繊維の多少は少、粗密は密、果汁の多少は中、甘味は多、酸味は中、渋味及び苦味は無、香気は少である。核の形は短楕円、大きさはやや小、核と果肉の粘離は半離、色は黄褐、紋様は網状である。開花期はかなり早、成熟期は中で育成地においては7月下旬である。自家結実性は無、果実の着色の難易はやや難、生理落果の多少及び裂果は無である。「ソルダム」と比較して、枝梢の色が濃褐であること、果皮の地色が黄緑であること等で、「貴陽」と比較して、枝梢の色が濃褐であること、果皮の着色が淡いこと等で区別性が認められる。』  以上抜粋。

●実際に食べてみた食味

一般的にサマービュートの果実は平均170g程にもなる大玉種とされ、平均糖度も18%と高く濃厚な味わいが楽しめるとされています。

今回入手したものは平均135g前後とサマービュートとしては小ぶりのものでした。それでも他の品種と並べると決して小さいとはいえず、大きい部類に入ります。

果肉はとてもジューシーで、甘味酸味ともに強く感じられました。特に皮付近に酸味が強く、味が濃い割にさっぱりとした印象が感じられました。

■サマービュート主な産地と旬

すもも、スモモ、李の品種サマービュート

●主な産地と生産量

2002(平成14)年度山梨県オリジナル品種開発推進会議によりオリジナル品種として承認され、山梨県オリジナル品種として県内で栽培の普及がすすめられています。したがって、他府県での栽培は認められていません。

●サマービュートの収穫時期と旬

7月上旬から8月中旬頃まで。

旬のカレンダー

品種 6月 7月 8月 9月
サマービュート                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。