大将季/だいまさき

大将季/だいまさき < 不知火(デコポン)

■大将季/だいまさきとは?

●鹿児島県で発見された不知火(デコポン)の枝変わり

大将季/だいまさき < 不知火(デコポン)

1997(平成9)年に鹿児島県阿久根市にある大野孝一氏の農園で「不知火」の枝変わりが発見されました。大将季/だいまさきとはこれを増殖育成させ、2006(平成18)年に品種登録されたものです。出願時の名称は「紅将季」となっています。不知火は「清見」と「中野3号ポンカン」の交配種として生まれ、デコポンの名称でも知られています。

大将季/だいまさき < 不知火(デコポン)

●大将季/だいまさきの特徴

果実の形は扁球形で、一般的なデコポンに比べ頭のデコはやや低い傾向にあります。大きな特徴は色が果皮、果肉共にデコポンよりも赤みが濃い橙色であることです。

皮は薄く柔らかいので、手で剥きやすく、ジョウノウも薄く、果肉と共に食べても気になりません。サジョウはとてもジューシーで、十分な甘さと適度な酸味がバランスがよく感じられます。

デコポンと同じく種は入っていません。断面を見ると果実の中心部の空洞はやや大きめです。

大将季/だいまさき < 不知火(デコポン)

■大将季/だいまさきの主な産地と食べ頃の旬

●鹿児島県のオリジナル品種

大将季/だいまさき葉鹿児島県のオリジナル品種として扱われ、鹿児島県内のJA鹿児島いずみ、JAさつま日置、JAそお鹿児島、JA南さつまなどが主な産地となっています。生産量は増えつつあり、2013年産は400トン近くを見込んでいるそうです。

●収穫時期と食べ頃の旬

収穫は加温栽培された物が11月末頃から始まり、無加温の物が2月頃まで続きます。出荷は12月初旬から始まり、2月中頃まで続きます。食べ頃の旬は12月中頃から2月中旬頃となります。

品種 12月 1月 2月 3月
大将季