麗紅/れいこう/レイコウ/はまさき:特徴や旬と主な産地

麗紅/れいこう/レイコウ/はまさき

■麗紅(れいこう)とは?

●(「清見」×「アンコール」)×「マーコット」

麗紅/れいこう/レイコウ/はまさき 麗紅/れいこう/レイコウ/はまさき

麗紅は1984(昭和59)年に「しらぬい」など数々の品種を生み出してきた農林水産省果樹試験場口之津支場(現農業・生物系特定産業技術研究機構)において、「清見」と「アンコール」の交配で生まれた系統に「マーコット」を交配し、生まれた実生から選抜育成されたタンゴールの一種です。2003(平成15)年に登録出願され、2005(平成17)年に品種登録されました。出願時の名称は「麗香」となっています。

ちなみに、この試験場において同じ年に同じ交配を行って生まれた別の品種に「せとか」があり、この「せとか」の方が知名度が高くなっています。

●麗紅(れいこう)の特徴

果実の大きさは温州みかんよりも二周りほど大きく、今回入手したものは200g前後ありました。形はかなり果形指数が大きな扁平で、頭のヘタの周りに放射状の波が見られます。果皮の色は少し赤みが強い橙で温州みかんと同じ感じです。皮は比較的薄く、温州みかんのように手で簡単に剥くことができます。

麗紅/れいこう/レイコウ/はまさき

ジョウノウ膜もそれ程厚くなく、普通のみかんのように房ごと食べることが出来ます。実際に食べると、果汁がたっぷりで甘くいい香りが口に広がります。種はなくとても食べやすく美味しいみかんといった印象。

ただ、今回入手したものは美味しいのですが価格に対しての満足度と言う点では期待したほどではありませんでした。

農林水産省の登録品種データベースには以下の通り記載されています。

『果実の形は扁平、果形指数は大、果頂部の形は陥没、放射条溝及び凹環の有無は無、果梗部の形は切平面、放射条溝の多少は中である。果心の充実度は空、大きさは大、果実の重さはやや重、果皮の色は赤橙、油胞の大きさは小、密度は疎、凹凸は平、果面の粗滑は滑、果皮の厚さは極薄、果皮歩合は極小、剥皮の難易は易である。じょうのう膜の硬さは中、さじょうの形は短、大きさは小、色は濃橙である。果汁の多少は多、甘味は高、酸味は中、香気の多少は多、種子数は少、胚の数は多胚である。発芽期は中、開花期は晩、成熟期は早で育成地においては1月下旬である。隔年結果性は中、浮皮果及び裂果の発生は無、貯蔵性は中である。「せとか」及び「マーコット」と比較して、果心が大きいこと、成熟期が早いこと等で区別性が認められる。』

■麗紅(れいこう)の主な産地と旬

●主な産地と生産量

政府がまとめた平成23年産の麗紅の収穫量を見ると全国で273.8トンとなっており、そのうち74.7%が佐賀県で生産されています。次いで長崎県、広島県、宮崎県と続き増す。

●はまさきとは

麗紅/れいこう/レイコウ/はまさき

「はまさき」というのは品種名ではなく、佐賀県のJAからつが登録しているブランド商標名で、糖度・酸度・外観が特に優れた麗紅をこの商品名で出荷しています。2010年から発売が始まりました。

●麗紅(れいこう)の収穫時期と旬

収穫時期は地域にもよるようですが1月中下旬頃から始まり、3月頃までとなっています。食べ頃の時期は2月から3月となります。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
麗紅(れいこう)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。