西洋梨(せいようなし)の品種:ラ・フランスの旬や特徴と産地

西洋梨 ラ・フランス

■ラ・フランスとは

●フランス生まれの洋ナシ

ラ・フランスはフランスのクロード・ブランシェ氏が1864年に発見したとされる西洋梨で、日本には1903年に食用としてではなく、当時主流だったバートレットなどの受粉用として導入されたようです。

当時は西洋梨の中では早い時期に花を付けるにもかかわらず結実までに時間がかかり、その分病害虫や台風の影響も受けやすいため手間がかかるということで、あくまでも受粉用としてのみに用いられていたようですが、主に缶詰に加工されるバートレットから次第に生食の需要が高まるにつれ、ラ・フランスの美味しさが見直され、その後のグルメブームで一気に世に広まった西洋梨です。

現在日本で作られる西洋梨の中では最も沢山作られている品種となるに至っていますが、もともとのフランスでは、手間がかかりすぎるということで敬遠され、ほとんど栽培されなくなってしまったようです。

●ラ・フランスの特徴

ラ・フランスの果実は、250~300g位の中玉で一見外見がごつごつとしていていびつでで不揃いで、色はグリーンから黄緑の地に暗灰色や灰褐色のサビだらけで決して美味しそうとか美しいとは言えない姿をしています。

しかし追熟を経たラ・フランスの果肉は、まさにこれぞ西洋梨 と言わしめる美味しさを感じさせてくれます。果肉は、石細胞が少なく多汁でとろけるように柔らかく、高級マスクメロンのような食感で、糖度も14~15度にもなりそれでいてそれを脇でしっかりと支えるやさしい酸味があるので甘ったるいわけではなく、濃厚な味わいが楽しめます。そして何よりも、芳醇な芳香があり、西洋梨の最高峰といわれてきました。

■ラ・フランスの産地と生産量

●ラ・フランスの主な産地と生産量

ラ・フランスは山形県が有名ですね。右のデータは政府がまとめた平成21年の全国の生産量です。

これでみると、山形県が全国の8割近くを生産しています。

次いで長野県。岩手県、福島県となっています。

山形県では、収穫から出荷まで2週間余り時間を置く「追熟」の徹底により品質の向上を目指し、11月1日を「統一販売開始日」の設定に向けた動きがあったが2012年は見送られることになった。要するに、出始めで高値で取引される10月には予冷追熟が足りない低品質のものが出回っているということらしい。

品種 10月 11月 12月 1月
ラフランス                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。