ゴールドラフランス<西洋梨:特徴や来歴と産地と旬

ゴールドラフランス ゴールド・ラ・フランス 西洋梨

●ゴールドラフランスとは

◆別名 「金系」ラ・フランス

ゴールドラフランス ゴールド・ラ・フランス 西洋梨

ゴールドラフランスはラ・フランスの枝替わりとして生まれた品種とされ、かつては全体に茶色っぽくサビが発生するため「サビ果」などとも呼ばれ市場には出せないB級品として扱われてきました。
しかし、その味はというと追熟させると普通のラフランスよりも舌触りや味わいがよく美味しいと生産者の間では知られていました。

 近年のグルメブームによりこの美味しさが発掘され、現在では「サビ果」ではなく「金系」と呼ばれるようになり、「ゴールドラフランス」として市場に登場するようになったのです。この「金系」ラフランスはそもそも敬遠されてきただけにその木の数も少なく、生産量が少ないということもあり、希少性からも高級ラフランスとして扱われています。

◆ゴールドラフランスの特徴

ゴールドラフランスの断面 ゴールド・ラ・フランス 西洋梨

 大きさは通常一般的なラフランスよりも小ぶりのものが多いようです。形自体は一般的なラフランスと替わりませんが、表面が全体に灰茶色のサビに覆われ、追熟させると正に「金」色を思わせるような色合いになります。

 今回入手したものは結構大玉のものでした。食べ頃に追熟した果肉はとても滑らかな舌触りで、香りもよく何とも言えない、いい意味で複雑な味わいが楽しめます。

●ゴールドラフランスの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

ゴールドラフランス ゴールド・ラ・フランス 西洋梨

 主な産地は山形県と長野県です。ゴールドラフランスでの生産量統計データは見当たらず分かりませんでしたが、もともと積極的にこの木を植えてきた訳ではないはずで、生産量はかなり少ないと思われます。

 近年もてはやされるようになり、積極的にこの木を増やす生産者も出てきているのではないでしょうか。

◆ゴールドラフランスの収穫時期と旬

 収穫自体は産地にもよりますが10月の中旬から11月上旬にかけて行われるようです。その後食べ頃に追熟させたのちに市場に出荷されるので、出回るのは11月中旬から12月中旬ごろにかけてとなります。

旬のカレンダー

品種 10月 11月 12月 1月
ゴールドラフランス                    

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。