西洋梨(せいようなし)の品種:ブランデーワインの旬や特徴と産地

ブランデーワイン(西洋梨)

■ブランデーワインとは

●ブランデーワインの特徴

ブランデーワイン(西洋梨)

Brandy wine

アメリカ・ペンシルバニア州生まれとされる西洋梨で、日本には明治の初めに導入されたようです。寒さに強い品種で、主に北海道で栽培されています。

8月から9月にかけて収穫される早生種の西洋梨なす。

●ブランデーワインの特徴

ブランデーワイン(西洋梨)

ブランデーワインは早生種で、早い時期に出回ります。果実は小ぶりで、綺麗なグリーンの果皮と整った形をしています。熟すにつれ芳醇な香りが強くなり、果肉は柔らかく甘みが強く感じられます。

果皮の色は熟してもそれほど変色しないため追熟度合いが分かりにくいタイプです。熟したかどうかは香りの出具合と、触った時の硬さで判別します。

小ぶりで形が良く、比較的果肉がしっかりとしているので、コンポートなどにお勧めです。菓子店でも、大きさや形も安定しているのでショーケースに並べやすく、名前もコンポートにぴったりなのではないかと思います。

■ブランデーワインの産地と生産量

●ブランデーワインの主な産地と生産量

ブランデーワインは平成21年の政府のデータで見る限り北海道が26.7トン生産しているだけとなっています。商業ベースでの生産はほぼ北海道だけとなっていて、生産量も少なく希少な品種となっています。

数が少ないため一般のスーパーには並びにくく、並んでもすぐに時期が終わってしまうので、見かけたら是非その時に買うようにしましょう。

●収穫時期と出回る旬

収穫は9月下旬ごろから始まり10月中旬頃までとなります。出回るのはそれから少し遅れて10月初旬ごろから1か月間ほどとなります。

品種 9月 10月 11月 12月
ブランデーワイン                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。