サマークリスタル:特徴や産地と収穫時期

サマークリスタル(ネクタリン)

●サマークリスタルとは

◆長野県が育成した果肉が白いネクタリン

1990(平成2)年に長野県果樹試験場(須坂市)において、「スイートネクタリン晶光」に「NJN76」を交配し、その実生の中から選抜育成された品種で、2002(平成14)年に登録出願、2005(平成17)年に品種登録されています 。

◆サマークリスタルの特徴

ネクタリン、サマークリスタル

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『- - - - - - -果実の外観は円、果頂部の形は凹、凹み及び梗あの深さは深、広さは中、赤道部の縫合線は浅、果実の大きさは中、果皮の地色は白、着色の多少は極多、濃さは濃、形は全面である。切った直後の果肉の色は白、果肉内の着色は少、核周囲の着色は無、果肉繊維の多少は少、果皮の剥離性は易、肉質は溶質、果汁の多少は多、甘味は中、酸味は少、渋味及び苦味は無、香気は少である。核と果肉の粘離は粘核、核の形は楕円、大きさは大、色は淡褐、核面の粗滑は中ある。- - - - - -』以上、抜粋。

◆実際に食べてみた食味

ネクタリン、サマークリスタル

今回入手したものは長野県産のもので、少し小ぶりのものでした。

全体によく色付いていて、切ると果肉は一般的なネクタリンの黄色ではなく、桃とおないような乳白色でした。

食べてみると果肉の食感はほとんど桃と同じで、酸味もほとんど気にならずとてもジューシーで甘かったです。ただ、香りに関しては桃ほど強くは感じられません。

●サマークリスタルの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

主な産地は長野県です。

◆サマークリスタルの収穫時期と旬

収穫時期は7月中旬頃から下旬にかけてで、栽培量が少ないこともありとても短い期間しか出回りません。

品種/月 6月 7月 8月 9月
サマークリスタル                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。