秋甘泉/あきかんせん:来歴や特徴と産地や旬

秋甘泉/あきかんせん 赤梨 鳥取県のオリジナル品種

●秋甘泉/あきかんせんとは

◆「おさ二十世紀」×「豊水」

秋甘泉/あきかんせん 赤梨 鳥取県のオリジナル品種

秋甘泉は鳥取県園芸試験場が「おさ二十世紀」に「豊水」の花粉を交配し育成し、9月上旬に収穫できる赤梨として2008(平成20)年に登録出願し、2009(平成21)年に品種登録された比較的新しい品種です。

登録出願された平成20年より鳥取県内の梨生産者に苗木の供給が始まり現在鳥取県のオリジナル品種として出荷されています。

◆秋甘泉の特徴

秋甘泉/あきかんせん 赤梨 鳥取県のオリジナル品種

秋甘泉は果重が400g前後で、果実はやや扁平な円形をしています。

果皮の色や感じは豊水と似ており、大きめの果点が全体に沢山あります。

果肉は柔らかめで、果汁が多く糖度が14度程まで上がる甘い梨です。

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『-----果実の形は扁円形、梗あの深さはやや深、梗あの幅は中、がくあの深さはやや深、がくあの幅は中、果実の大きさは大、果皮の色は黄赤褐、果点の大きさは大、果点の粗密は密、果面の粗滑(赤なし品種に限る)は粗、果柄の長さは中、果柄の太さは細、肉梗の有無は無、果芯の形は短紡錘形、果芯の大きさは中、果肉の色は白、果肉の硬さは軟、果肉の粗密は中、果実の甘味は高、果実の酸味は中、果汁の多少は多-----』以上、抜粋。

◆実際に食べてみた秋甘泉の食味

秋甘泉/あきかんせん 赤梨 鳥取県のオリジナル品種

今回入手したものは秋甘泉らしいどっしりとした偏円形の形で表皮の色は全体に黄褐色に色付いていました。

食べると果肉は確かに柔らかく、あまり歯ごたえが感じられず、西洋梨のような感じではありませんが、果汁と共にアゴに力をかけずともほぐれる感じでした。

甘味に対して酸味があまり感じないので、みずみずしさと甘味が前面に出てくる味わいで美味しい梨でした。

●秋甘泉の主な産地と旬

◆主な産地と生産量

秋甘泉/あきかんせん 赤梨 鳥取県のオリジナル品種

秋甘泉は鳥取県のオリジナル品種で、県内でのみ栽培出荷されています。鳥取県のサイトによると、平成25年度末の時点で19ha、20tの生産量があったとされています。

なお、鳥取県では新甘泉と共に県をあげて生産の振興に力を入れており、今後も増えていくと思われます。

◆秋甘泉の収穫時期と旬

秋甘泉は9月上旬に成熟する品種とされており、収穫は9月上旬頃から始まり、中旬から下旬にかけて最盛期を迎えます。市場に出回るのは9月上旬頃から10月上旬にかけで、食べ頃の旬は9月中旬から下旬にかけてとなります。

旬のカレンダー

品種 8月 9月 10月 11月
秋甘泉                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。