甘平(かんぺい)の特徴や旬の時期と主な産地

甘平(かんぺい)

■甘平(かんぺい)とは

●「西之香」×「不知火」

甘平(かんぺい) みかん

甘平(かんぺい)は愛媛県立果樹試験場において、1991 年春に‘西之香’に‘不知火’の花粉を交配し、同年秋に得られた種子を播種しガラス室内で育成、1993 年に穂木を採取し温州ミカン中間台木に高接ぎを行い、1997 年に初結実して以来特性調査が行われ、2000 年に愛媛 34 号の系統名で一次選抜を行い、2001 年からは県下のカンキツ産地で現地試験が開始されました。またウイルスフリー個体の作出も行われ、2004 年までの調査結果から無核性で品質の良い系統であるのとが確認され、2005 年に種苗法に基づく種苗登録申請を行い、2007年8月に品種登録されました。

甘平(かんぺい)はまだ品種登録されて間が無い新品種のため、かなり数も少ないく高級柑橘として扱われています。

●甘平(かんぺい)の特徴

甘平(かんぺい)の特徴は糖度が高くクエン酸含量も1.1%程度と低いので強い甘さを感じることと、滴るようなジューシーさではなく、ゼリー状の果肉として甘さを感じるところです。サジョウの膜がしっかりとしているので、じょうのうを開いても果汁が滴りにくく、口の中でサジョウの粒粒感がしっかりと感じられます。

果実の大きさは平均220g前後となっていますが、今回撮影したものは170gから180gのものです。

外観は扁平で、果皮の色は濃い橙色をしており、油胞の粒粒感がしっかりと手に感じられます。果皮は薄く、浮き皮の発生も少ない。 果肉の色も濃橙色です。種がほとんどないのも今時の柑橘らしいです。

甘平(かんぺい) みかんの果肉

■甘平(かんぺい)の主な産地と食べ頃の旬

●甘平(かんぺい)の主な産地

甘平(かんぺい)は愛媛県のオリジナル品種で、愛媛県でのみ作られています。主に宇和島市、伊方町、八幡浜市などで作られています。

●甘平(かんぺい)の収穫時期と美味しい旬

甘平(かんぺい)は年明けまで木になったまま熟させるため、露地栽培の場合は1つずつ袋がけがされます。収穫は1月の下旬頃から始まり、2月の下旬頃までとなります。食べ頃は2月初旬から末辺りまでとなります。

旬のカレンダー
品種 11月 12月 1月 2月 3月
甘平(かんぺい)