河内晩柑/美生柑/宇和ゴールド/ジューシーオレンジ<柑橘類

河内晩柑/美生柑/宇和ゴールド/ジューシーオレンジ

■河内晩柑(かわちばんかん)とは?

●ミカン科ミカン属ブンタン類

河内晩柑/美生柑/宇和ゴールド/ジューシーオレンジ

河内晩柑(カワチバンカン)は1920年頃に熊本県飽託郡河内町(現在の熊本市)に住んでいた西村徳三郎氏の敷地に発生した文旦の偶発実生で、1935(昭和10)年に鑢一馬氏が発見したとされています。

名前はその発見された地名の「河内」と、晩成の柑橘類と言う事で名付けられたようです。

●産地によってさまざまな名称で出荷されています

河内晩柑/美生柑/宇和ゴールド/ジューシーオレンジ

河内晩柑は現在各地で栽培出荷されていますが、名称は産地によってさまざまで、熊本県では「ジューシーオレンジ」や「ジューシーフルーツ」、愛媛県では「愛南ゴールド」や「美生柑(みしょうかん)」、「宇和ゴールド」、「愛南ゴールド」、「灘オレンジ」という名称でも出荷されています。

●河内晩柑の特徴

河内晩柑の形は下膨れの短卵形で、大きさは200~500gと幅があります。果皮の色は黄色で、グレープフルーツと似た感じです。皮は柔らかく、手で剥くことができ、果肉は淡黄色で果汁が多く、わずかに苦みがありますがグレープフルーツ程ではなく、さっぱりとした甘味と酸味が広がります。

種があるものとない物がありますが、市場に出回っているものの多くは種がほとんどない物が多いようです。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。