太天柿 たいてん<渋柿の品種:来歴と特徴や産地、旬

太天柿 たいてん<渋柿

●太天柿とは

◆「黒熊」×「太秋」で生まれた大果になる渋柿

太天柿 たいてん<渋柿

太天は農林水産省果樹試験場安芸津支場において、1993(平成5)年に「不完全甘柿」の「黒熊」に、「完全甘柿」の「太秋」を交配して得られた実生から選抜育成された大果で食味がいい、晩生種の渋柿です。2007(平成19)年に命名発表され、登録出願、2008(平成20)年に「かき農林13号」として農林認定品種に登録、2009(平成21)年に種苗法に基づく品種登録がされています。

名前は、『天から授かった、素晴らしい、大きな果実のカキ』という意味で付けられたそうです。

◆太天柿の特徴

太天柿 たいてん<渋柿

最も大きな特徴は「渋柿」であることと、非常に大きな果実になるということです。

果形は「平核無」のような扁平ですが「平核無」に比べ角は丸みを帯び、肩の部分にもふくらみがあります。大きさはとても大きく、「富有」の約1.5倍で、平均でも500g程になります。

食べ頃に熟した状態ではジューシーでサクサクとしたやや粗い食感ですが、熟すにつれ柔らかくなり、糖度は「富有」と同じくらいとされています。

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

太天柿 たいてん<渋柿

『果実の大きさは極大、果実の縦断面の形は扁円形、果実の横断面の形は円形、果頂部の形は凹形、果頂の溝の明瞭度は強、果頂の条紋の明瞭度は無又は弱、果頂の裂果性は無又は弱、ていあ側面の形は強く下る、へたすき性は無又は弱、へたの果実に対する大きさは中、へた片の幅は広、果柄の長さは中、果皮の色2は橙(不完全渋)、果肉の色2は橙(不完全渋)、果肉の褐斑の有無は時々有、種子の大きさはやや小、種子の形は短楕円形、雌花の開花期は中生、成熟期2はやや晩生(不完全渋)、果実の渋味は常に有である。』

◆実際に食べてみた食味

今回入手したものは2個で、大きさは585gと625gもありました。いずれも種はなく、果肉は写真の通り綺麗なオレンジ色をしています。

食べてみると、歯触りは柔らかく、果汁の多さが印象的で、かなり強い甘みが口に広がりました。甘さのわりに後口はさっぱりした感じでとても美味しい柿でした。

●太天柿の主な産地と旬

◆主な産地と生産量

太天柿 たいてん<渋柿

太天柿は現在のところ愛媛県でしか商業生産はされていないようで、政府がまとめた全国の栽培面積でも愛媛県の2.9haのみとなっています。

愛媛県では古くから作られてきた「愛宕柿」や、大玉品種の「富士柿」で知られていますが、太天にも注目し、2012年に初出荷されています。

◆太天柿の収穫時期と旬

太秋は晩生の品種で、収穫は11月上旬辺りから始まりますが、脱渋ご出荷されるので、出回るのは11月中旬ごろからになります。最盛期の旬は11月中旬から12月上旬にかけてとなります。

旬のカレンダー

旬のカレンダー 10月 11月 12月 1月
太天柿                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。