カクテルフルーツ:旬と主な産地、食べ方と栄養価

カクテルフルーツとは

●ミカン科ミカン属

カクテルフルーツはポメロ(ブンタン類)とマンダリンオレンジの交配種で、アメリカなどで栽培されており、日本は国内での生産出荷はほとんどくほぼ輸入されている分だけが流通しています。

入荷間もない物は緑色がまだかなり残っていますが、時間と共に黄色くなってきます。果肉はレモンに近い黄色で、味はさっぱりとしており、グレープフルーツの様な苦味はありません。果皮はそれほど厚くなく手で剥く事が出来きます。

●アメリカからの輸入果物

国内での生産出荷はされておらず、主にアメリカのカリフォルニアなどからの輸入です。

●カクテルフルーツの旬

11月頃から入荷が始まり、2月頃まで出回ります。

旬のカレンダー

品種 11月 12月 1月 2月
カクテルフルーツ                        

扱い方やおいしい食べ方

●表面を良く洗いましょう

果皮はそれほど厚くなく手で剥く事が出来きますが、輸入果実には概して農薬や坊カビ剤などが残っている場合があります。使う前によく表面を洗うほうがいいでしょう。

●デザートの食材

ゼリー寄せ、シャーベット、ムース、トッピングなど

●サラダに

果肉をサラダに使ったり、果汁と共にドレッシングとして使用できます。

●グラニテに

果汁のさわやかさがを活かしグラニテに最適。カンパリと合わせて作ったりします。

●カクテルに

グレープフルーツ果樹のようにカクテルにも使えます。

カクテルフルーツの栄養価と効用

●かぜや美肌、がん予防

ビタミンCがクエン酸と共に含まれているため、吸収されやすく、かぜや美肌、がん予防に効果があると言われています

●クエン酸効果

クエン酸を含んでおり、体内の酸性物質を減少させる効果や、疲労回復と血をきれいにする働きがあります。

●ペクチンの整腸作用

ジョウノウにはペクチンが多く含まれていて、整腸作用があり、便秘やお腹を壊しているときに効果があります。

五訂日本食品標準成分表には記載がありません。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします