黄色いさくらんぼの品種、月山錦(がっさんにしき)

月山錦/がっさんにしき<黄色いさくらんぼ/yellow cherry

■月山錦とは?

●天香園の登録商標

月山錦/がっさんにしき<黄色いさくらんぼ/yellow cherry

月山錦は中国大連で育成され、日本に持ち込まれた黄色いさくらんぼの品種で、現存する原木は天香園で管理されているものだけとなっているそうです。この原木をもとに天香園がこの黄色いさくらんぼに「月山錦」という名称で商標登録を行い、苗木を販売しています。

月山錦/がっさんにしき<黄色いさくらんぼ/yellow cherry

この黄色いさくらんぼの月山錦は非常に希少性が高く、またその果実の大きさと甘く美味しい味から、とても高級な果実として百貨店などで主に贈答用として販売され、一般のスーパーなどには並びません。

●月山錦の特徴

月山錦は一粒9g前後と、一般的な国産のさくらんぼに比べると大粒で、アメリカンチェリーのビングと比べても大きい方です。

最大の特徴は何と言ってもその色で、艶のある明るい黄色をしています。果肉は締りがあり、酸味があまり感じられず、甘さが口の中に広がります。

■月山錦の主な産地と旬

●主な産地と生産量

月山錦/がっさんにしき<黄色いさくらんぼ/yellow cherry

主に山形県で作られている他、北海道でも作られています。苗木自体は天香園で一般に販売されているので、個々の農園でも栽培しているところはあると思われますが、市場へ出荷できるほど栽培しているところはごく限られています。

この品種の栽培に関しては、摘果しなくても一粒一粒が大きく育つ反面、一本の木からの収穫量が少なく、栽培も難しいそうです。また、果実の色が黄色いので収穫のタイミングも見極めが難しそうですね。

●月山錦の収穫時期と旬

収穫時期はナポレオンとほぼ同時期とされ、福島県では6月下旬頃とされています。山形県では早い所では6月中旬頃から始まり7月中旬頃まで、北海道では7月中旬頃から下旬にかけてとなっています。

旬のカレンダー
旬のカレンダー 5月 6月 7月 8月
月山錦                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。