紫苑(しえん):特徴や産地と旬

紫苑(しえん) ぶどう ブドウ

●紫苑(しえん)とは

◆「紅三尺(べにさんしゃく)」×「赤嶺(せきれい)」の交配

紫苑(しえん) ぶどう ブドウ

紫苑は1983(昭和58)年に山梨県の植原葡萄研究所が「紅三尺」に 「赤嶺」を交配し育成した、ブルゴーニュの赤ワインのような色をしたぶどう品種です。名前は「紫苑」というキク科の花の色にちなんでつけられたそうです。

このぶどうを作っているところはあまりなく、岡山県で種なし栽培が確立され現在の主な産地となってます。

◆紫苑(しえん)の特徴

房はひと房500~700gと大きくなり、粒は12~14gの楕円形での大粒種です。果皮はブルゴーニュ産赤ワインのような赤で身離れがいい。果肉は柔らかめで糖度が18~20度にもなり酸味よりも甘味がとても強いのが特徴です。

紫苑(しえん) ぶどう ブドウ紫苑(しえん) ぶどう ブドウ

◆実際に食べてみた食味

紫苑(しえん) ぶどう ブドウ

房は結構大きく、果皮の色は紫紅色で濃い部分と薄い部分がありました。手で皮をむくと、皮は薄く、果肉との身離れがよく、つるっと綺麗にむけます。

果肉は崩解性と塊状の中間といった感じで、とてもジューシーです。甘さは十分ですが、濃厚な感じではなく比較的さっぱりとした後口に感じられました。

●紫苑(しえん)の主な産地と旬

◆主な産地と生産量

主な産地は岡山県です。岡山県では2002(平成14)年から県内の温室ぶどう産地に試験導入され、関係機関が連携し、無核化技術の確立や高品質 安定栽培などに取り組んでブランド化がすすめられており、平成28年現在、種なしの大粒ブドウ「紫苑」と言えば岡山県と印象付けられるようになってきています。

平成 27 年産においては、13haで栽培され、77トン生産されたそうです。

◆紫苑(しえん)の収穫時期と旬

紫苑は晩生種で、しかも貯蔵性も高く正月出荷も可能な品種とされています。熟期は育成地の山梨県で9月下旬から10月初旬となっていますが、産地の岡山県では10月の下旬ごろから収穫が始まり、12月中旬ごろまで出荷されているようです。

旬のカレンダー

品種 9月 10月 11月 12月
紫苑                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。