ルビー・オクヤマ < ブドウの品種

ルビー・オクヤマ < ブドウ

■ルビー・オクヤマとは?

●マスカット・オブ・イタリアの突然変異種

ルビー・オクヤマ < ブドウ ルビー・オクヤマ < ブドウ

ルビー・オクヤマは、ブラジルで農園を営む日系ブラジル人の奥山孝太郎氏が自園の「マスカット・オブ・イタリア」の中から突然変異したと思われる赤い皮のぶどうを発見したもので、奥山氏の名前と、果皮色のルビー色から「ルビー・オクヤマ」と命名されました。

元となっている「マスカット・オブ・イタリア」はイタリア国立ローマ育種学研究所から生み出された高級な白ブドウ品種として知られています。

●ルビー・オクヤマの特徴

大粒の果粒で皮の色は黄緑色の地にルビー色に色付いた部分があり、日に当たる加減や環境によって色付き具合には差が出るようです。

ルビー・オクヤマ < ブドウルビー・オクヤマ < ブドウ

果皮が薄く果肉と密着し、手で綺麗に剥けない粒も多いです。果肉は崩壊性で、薄い皮と共に食べると、パリットした歯ざわりで適度に口の中で存在感が楽しめます。

甘さはそれ程強くはありませんが、酸味も少なく、皮と共に食べることで適度な渋味も感じられ、全体として深みのある上品な味に感じられます。

■主な産地と旬

●主な産地と生産量

政府がまとめた平成22年の栽培面積を見ると、最も盛んに栽培しているのは長野県で4.5ha、次いで山梨県で2.8ha、青森県2.7ha、山口県1.1haとなっています。

●ルビー・オクヤマの収穫時期と旬

収穫時期は産地にもよりますが、9月下旬頃から始まり、10月初旬から中旬頃にかけて最盛期を迎えます。その後青森県など北部地方で11月頃まで続きます。出盛りの旬は9月下旬から10月中旬までとなります。

品種 8月 9月 10月 11月
ルビー・オクヤマ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。